【募集中】韓国語社内スタッフ

<慰安婦問題>台湾・民進党の蔡英文主席が馬政権を批判=「選挙操作に忙しく何もしていない」―台湾メディア

配信日時:2016年1月7日(木) 1時10分
<慰安婦問題>台湾・民進党の蔡英文主席が馬政権を批判=「選挙操作に忙しく何もしていない」―台湾メディア
画像ID  496840
6日、台湾メディアによると、台湾の野党・民進党の蔡英文主席が慰安婦問題で与党・国民党を批判した。写真は民進党の蔡英文主席。民進党公式HPより。
2016年1月6日、台湾メディアによると、台湾の野党・民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)主席が慰安婦問題で与党・国民党を批判した。

台湾・自由時報など複数のメディアによると、国民党の選挙対策本部の主任委員を務める胡志強(フー・ジーチアン)氏は先日、慰安婦問題で日本との交渉が失敗している主因は台湾内部に共通認識がないためだと説明した。

これに対して蔡主席は、「民進党の慰安婦問題での態度は一貫してはっきりしている。慰安婦は歴史の悲劇であり、民進党は積極的かつ強力に日本と交渉するよう主張してきた」とし、「これらは本来、政権がやるべきことで、現在まで進展がないことを野党のせいにするのは無責任。馬政権はすぐに対応に当たるべきで、選挙だからといって選挙操作に忙しく、何もしないのではいけない」と厳しく批判した。

蔡主席率いる民進党は、1月16日に控えた総統選で国民党から政権を奪取する可能性が高いとみられている。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事