Record China

ヘッドライン:

日本の弁護団が重慶爆撃被害者の原告団を訪問、上訴を支援―中国メディア

配信日時:2016年1月5日(火) 22時20分
拡大
4日、重慶爆撃の一般被害者による日本に対する賠償請求裁判において、日本の弁護団、長田博之団長と一瀬敬一郎弁護士がこのほど重慶を訪問し、同案件の原告団を支援し、上訴の状況を伝えた。

2016年1月4日、人民網によると、重慶爆撃の一般被害者による日本に対する賠償請求裁判において1日、日本の弁護団、長田博之団長と一瀬敬一郎弁護士が重慶を訪問、同案件の原告団を支援し、上訴の状況を伝えた。

重慶爆撃における悲劇の「六五」トンネル跡地前で、長田団長と一瀬弁護士が同爆撃で亡くなった被害者に対し花輪と3礼を捧げた。

1938年から1944年の6年間、日本軍は戦争時の首都・重慶に200回以上の爆撃を行ったことで、甚大な死傷者と財産の損失をもたらし、「重慶爆撃」と呼ばれている。

2015年2月25日、10年近くの年月を費やし、重慶爆撃の一般被害者らによる賠償請求裁判が東京地方裁判所で行われた。一審では188人の原告らの訴状を退け敗訴とし、訴訟費用は原告らの負担との判決を言い渡した。この一審判決を受け、原告団と日本の弁護団はみな「判決は不服」とし、2015年12月25日、原告団が日本の高等裁判所に対し控訴理由書を手渡し、上訴した。

重慶爆撃の一般被害者らによる日本への賠償請求裁判における日本の一瀬弁護士は取材に対し、「現在、上訴の準備が整った。最大限の力を尽くして原告団の上訴を弁護するつもりだ」と話す。

日本の弁護団が遠路はるばる重慶を訪れ、生存者や被害者の親族を支援していることに対して、原告団の粟遠奎(スー・ユエンクイ)団長は「原告団の上訴に多大な励みと自信をもたらしてくれた」と語る。

2016年3月、東京高等裁判所は重慶爆撃の一般被害者らによる日本への賠償請求裁判に対し二審の審理を開廷する予定。(提供/人民網日本語版・翻訳/JK・編集/武藤)

関連記事

韓国の教授らが発表「世界の学者380人が慰安婦研究会設立を推進」=韓国ネット「日韓合意は海外でも批判されている」「主張は日本に届かない」

4日、韓国メディアによると、慰安婦問題をめぐる日韓合意を受け、慰安婦問題を研究する韓国の教授らは「今回の合意は韓国政府の外交的失策だ」と批判する報道資料を発表した。写真は韓国国旗。

Record China
2016年1月5日 10時36分
続きを読む

日韓が今月中にも慰安婦問題再協議、合意履行が議題に=韓国ネット「被害者らに和解を強要するなんて…」「まずは透明性の確保を!」

3日、韓国メディアは、旧日本軍の従軍慰安婦問題解決に向けた合意案の履行手順について話し合うため、日韓政府が外務省の局長級協議を開催することを決めたとする日本の報道を伝えた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2016年1月4日 12時40分
続きを読む

米大学教授「NYタイムズの慰安婦記事は間違い」=韓国ネット「その教授を大統領に」「外国人でもこう考えているのに…」

2日、韓国・ニューシスによると、米国の女性学教授が、日韓政府の「慰安婦合意」を報道したニューヨーク・タイムズ紙の間違いを指摘して関心を集めている。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は韓国の慰安婦歴史館。

Record China
2016年1月4日 1時0分
続きを読む

米カリフォルニア州の公立高、2017年から「慰安婦」教育へ=韓国ネット「良い動きだ」「韓国の教科書より数倍いい」

22日、韓国メディアによると、米カリフォルニア州の教育当局はこのほど、2017年度から公立学校10年生の生徒らに旧日本軍慰安婦問題を具体的に教育するための指針をまとめた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2015年12月22日 16時20分
続きを読む

ランキング