【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本は慰安婦問題でなぜ韓国にだけ謝罪するのか、強制連行された慰安婦20万人の半数は中国人女性だった―中国メディア

配信日時:2016年1月6日(水) 8時40分
日本は慰安婦問題でなぜ韓国にだけ謝罪するのか、強制連行された慰安婦20万人の半数は中国人女性だった―中国メディア
画像ID  496709
4日、観察者網は「日本は慰安婦問題でなぜ韓国にだけ謝罪するのか」と題する記事を掲載した。
2016年1月4日、観察者網は「日本は慰安婦問題でなぜ韓国にだけ謝罪するのか」と題する記事を掲載した。以下はその内容。

旧日本軍の慰安婦問題で日韓両政府が合意した。中国でも大きな注目を集めた背景には、強制連行された慰安婦20万人の半数は中国人女性だったからだ。中国の人々の間には「日本はなぜ韓国にだけ謝罪し、中国には謝罪しないのか」と疑問の声が上がっている。

中国政府は1972年、日本との国交正常化で出した共同声明で「日本に対する戦争賠償の請求を放棄する」とした。しかし、放棄したのは中国政府であって、中国の個人や民衆ではない。すでに日本の侵略被害を受けた人々が日本を相手取り、三十数件の損害賠償請求訴訟を起こしている。日本が中国に謝罪をしない根拠を共同声明とすれば、日本のわなに陥るだけだろう。

日本政府は謝罪と資金提供で、歴史的な犯罪を消し去ろうとしている。日本政府が最もすべきことは歴史に対する深い反省であって、人々の心から歴史を消し去る行為ではない。謝罪相手を選ぶなどの計算をせず、第二次世界大戦で被害を受けたアジアのすべての国々に謝罪すべきだろう。(翻訳・編集/大宮)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事