2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

慰安婦問題、日韓合意文書を作らなかったのは韓国側の要求=韓国ネット「あきれて笑うしかない」「10億円で国を売り渡したから作れないだろう」

配信日時:2015年12月30日(水) 21時50分
慰安婦問題、日韓合意文書を作らなかったのは韓国側の要求=韓国ネット「あきれて笑うしかない」「10億円で国を売り渡したから作れないだろう」
画像ID  496400
29日、韓国・ニュース1は、日韓外相会談で従軍慰安婦問題合意の公式合意文書を作成していないのは韓国側の要求に応じたものとする日本メディアの報道を伝えた。資料写真。
2015年12月29日、韓国・ニュース1は、日韓外相会談で従軍慰安婦問題合意の公式合意文書を作成していないのは韓国側の要求に応じたものとする日本メディアの報道を伝えた。

日本メディアは合意文書の作成について、「国内世論の動向を懸念する韓国側の要請で、最終的に保留された」と伝えた。岸田文雄外相と韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は会談後に記者会見したが、公式合意文書がなく、記者の質問も受けない異例の形式を取った。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「合意文書がないから、日本には十分納得できる合意だったろう。本当の悪者は韓国政府だ」
「歴史に残る業績なのに、なぜ合意文書を作成しなかったんだ?」
「現政府は歴史的罪人だ」

「少女像移転と慰安婦のユネスコ記憶遺産登録を10億円にすり替えた。一体誰のための合意だ。韓国外交部が合意文章を作成できない訳だ」
「10億円で国を売り渡したから合意文書なんて作れないだろう」
「日本にお金をせびったから合意文書を作成できなかったんだ」

「日本政府は静かにメディアに情報を流しながら、世論をコントロールすることがうまいようだな」
「もうあきれて、笑うしかない」
「会談の成果なんてあるのか?これが合意と言えるのか?」(翻訳・編集/三田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事