<2015年中国10大ニュース(1)>中国人観光客の「爆買い」が日本を席巻、流行語大賞にも選ばれる

Record China    2015年12月28日(月) 20時0分

拡大

2015年の中国の出来事を振り返る「中国10大ニュース」。1本目は中国人観光客の爆買い。写真は中国人観光客の荷物。

2015年の中国の出来事を振り返る「中国10大ニュース」。1本目は中国人観光客爆買い

今年は円安や日本政府のビザ発給要件の緩和政策、日本と並んで人気の観光地である韓国でMERS(中東呼吸器症候群)が流行したことから、1年を通して中国人観光客が多かった。

先日発表された日本の観光庁のデータによると、今年1〜10月の訪日中国人観光客数は前年比で倍増の400万人を突破。消費額は750億元(約1兆4000億円)に達するとみられる。

今年2月の中国の春節(旧正月)の期間に、日本を訪れた中国人観光客はおよそ45万人で、その消費額は1000億円を超えた。7月には、人口約3500人の鳥取県日吉津村に4000人以上の中国人観光客が押し寄せたことも話題となった。また、9月には成田空港で帰国間際に「爆買い」した中国人観光客が商品の空き箱や梱包資材を大量に捨て、ごみ箱があふれたことが問題となった。12月には「爆買い」が、今年の新語・流行語大賞に選ばれたことでも注目を浴びた。

中国人観光客が「爆買い」した商品には、温水洗浄便座や炊飯器、ブランド品といった定番のものから、スーツケース、常備薬、ランドセル、避妊具まで、多岐に及んだ。果たして来年もこの勢いは続くのだろうか。(編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携