【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

韓国で日本のキャラそっくりの人形販売した一団に実刑=韓国ネット「これくらいのコピーは他にいくらでもある」「日本から裁判官を輸入したの?」

配信日時:2015年12月25日(金) 9時10分
韓国で日本のキャラそっくりの人形販売した一団に実刑=韓国ネット「これくらいのコピーは他にいくらでもある」「日本から裁判官を輸入したの?」
画像ID  495872
24日、日本のキャラクターの模倣品を韓国に輸入・販売した一団に対し実刑判決が下されたとの報道に、韓国のネットユーザーから賛否の声が寄せられている。写真は韓国の国旗。
2015年12月24日、韓国・マネートゥデイによると、日本のウサギのキャラクター「le sucre(ル・シュクル)」の模倣品を韓国に輸入・販売した一団に対し、実刑判決が下された。

韓国最高裁はこの日、著作権法違反などの罪で起訴された54歳の貿易事業者に対し、懲役2年を言い渡した2審の判決を確定したことを明らかにした。また、この業者からぬいぐるみの納品を受け販売していた人物2人には、それぞれ懲役10カ月と6カ月の刑が確定した。

この貿易事業者は10年11月から13年4月にかけ、正規品であれば36億ウォン(約3億7000万円)相当の「le sucre」の模倣商品8万3950点を中国から輸入した疑いが持たれたほか、商標権侵害の容疑もかかっていた。

最高裁は判決について、「このキャラクターは一般的な美術著作物と捉えることができ、日本が韓国国民の著作物に対し自国民(の著作物)と同等に扱っている以上、このキャラクターも韓国の著作権法により美術著作物として保護し得る」と説明している。

この判決について、韓国のネットユーザーからは賛否の声が寄せられている。

「数十億ウォンぼろもうけでも、たかが懲役6カ月で済んでしまう韓国」
「私もそれなりの金額を出して娘にぬいぐるみを買ってあげたけど、後で偽物だったことが分かってものすごく腹が立った。こういう悪人たちに対して厳しくしないと、著作権もクリエイターたちも生かされない」

「女子大生が赤ん坊を捨てても執行猶予なのに、似た人形を作って売ったら実刑?公平性が保たれてるか聞いてみたいね」
「もっと高い弁護士を雇ってあちこちに金をばらまけば執行猶予になっただろうに。そういう手を知らなかったのかな」

「これで実刑?もっとショッキングな事件が執行猶予なのに」
「いつからか、韓国で法を守るとばか、お人よしは間抜けと言われるようになった」
「いつ日本から裁判官を輸入したの?」

「もうちょっとお金を握らせておけば、裁判官も『これは偽物ではなくまったく違う製品なので無罪』と言ったはず」
「これは確かにパクった物のように見えるけど、そもそもこれくらいのコピー商品は他にいくらでもある」(翻訳・編集/吉金
最新ニュースはこちら

SNS話題記事