Record China

ヘッドライン:

韓国の番組が紹介・整備した高島「強制徴用者」供養塔への道、長崎市が閉鎖=韓国ネット「これこそ歴史の歪曲だ」「日本人は昔も今も変わらないね」

配信日時:2016年1月5日(火) 22時0分
拡大
4日、韓国のバラエティー番組が紹介・整備した高島の炭鉱の供養塔への道を長崎市が閉鎖したことについて、韓国で反発の声が上がっている。資料写真。

2016年1月4日、韓国・聯合ニュースによると、長崎市が市内の高島にあった炭鉱の犠牲者供養塔へ続く山道を閉鎖した。この供養塔は戦時中に強制徴用された朝鮮半島出身者らの遺骨を慰霊するものとして、昨年9月、韓国のバラエティー番組「無限挑戦」で紹介され、番組出演者らが周囲の森を切り開き道を整備していただけに、韓国では反発が強まっている。

番組制作に協力した徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授は、道の整備作業後、市に対し「強制連行された韓国人の魂が眠る場所」との案内板設置を要請し続けてきたが、2カ月以上たった昨年12月末、ようやく「不許可」との返信が届いたことを明かした。

市は道の閉鎖について「犠牲者の遺骨は近くの寺にすべて移され埋葬されている」との島民の証言を根拠としているが、徐教授は「供養塔に埋葬された遺骨は、高島炭鉱の徴用被害者、海で遭難した犠牲者、端島炭鉱の朝鮮人犠牲者との記録が残っている」と反発、市の対応を「歴史的事実を否定しようとする典型的なやり方だ」と強く批判した。徐教授は今後、「正確な歴史的事実を示す資料を持って市の担当者と会い、誰もが(供養塔を)訪ねられるようにする」としている。

これに、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「これでも日本との(慰安婦問題の)合意ができたって言うのか?」

「日本は過去に犯した罪も大きいけど、今も罪を犯し続けている。結局は因果応報、大きな罰を受けるはずだ」

「あーあ、日本人は昔も今も変わらないね」

「別に大それたことを頼んでるわけじゃないのに。過ちを認めて心からの謝罪をすることが、そんなに難しいことなのかな」

「これこそ歴史の歪曲(わいきょく)だ。反省するどころか、こんなことばかりし続けるとは」

潘基文(パン・ギムン。国連事務総長)が何と言うか楽しみだ」

「典型的な日本人のやり方」

「各地域に慰安婦少女像を作ろう」

「こんな国とは、歴史をめぐって交渉などできない」(翻訳・編集/吉金

関連記事

韓国のバラエティーきっかけに、高島炭鉱“強制徴用”供養塔への道を募金で整備=韓国ネット「番組よ、ありがとう」「国家予算をこういう所に」

20日、韓国のバラエティー番組で紹介され話題となっていた高島炭鉱の犠牲者供養塔までの道が、韓国人の募金によりこのほど再整備された。このニュースに、韓国のネットユーザーから感謝や称賛の声が寄せられている。資料写真。

Record China
2015年10月22日 10時5分
続きを読む

日本の歴史学者50人、米教科書の慰安婦関連の記述修正を求める=韓国ネットユーザーの反応は?

8日、韓国・朝鮮日報によると、日本の歴史学者50人が米教科書の慰安婦関連の記述修正を求め、米国学会誌に連名の書簡を掲載した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は米ニュージャージー州の慰安婦の碑。

Record China
2015年12月10日 2時33分
続きを読む

韓国教授が「軍艦島の真実」を世界に広報、日本政府に「歴史歪曲の中断」を訴え=韓国ネット「真の愛国者」「日韓関係が悪化して困るのは韓国の方」

7日、韓国広報専門家の徐敬徳誠信女子大教授が世界遺産に登録された軍艦島の真実を知らせるための動画を制作し、世界に発信している。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は軍艦島。

Record China
2015年12月8日 7時14分
続きを読む

英BBC「日本と似ている」、韓国の教科書国定化を批判=韓国ネット「海外メディアは実像を理解していない」「韓国も日本も独裁ってこと?」

3日、韓国のテレビ局YTNによると、英BBCが韓国の歴史教科書国定化論争について、日本の歴史教科書歪曲と似ているとして批判した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

Record China
2015年12月4日 21時50分
続きを読む

朝鮮通信使、日韓共同で記憶遺産に=韓国ネットは否定的?「解釈の違いでもめる」「プライドはないの?」

8日、韓国メディアによると、日韓の平和と善隣友好の象徴と言われる「朝鮮通信使」が、来年3月にユネスコ世界記憶遺産に登録申請される。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2015年12月9日 20時30分
続きを読む

ランキング