Record China

ヘッドライン:

韓国焼酎の瓶はなぜ緑色なのか?=韓国ネット「日本のまねをしただけでしょ」「それなら何色でも良さそうなものだけど…」

配信日時:2016年1月10日(日) 6時0分
拡大
9日、韓国で売られる焼酎のボトルがなぜ決まって緑色なのかを解説した記事に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国の焼酎。

2016年1月9日、韓国・YTNはこのほど、韓国で売られる焼酎のボトルがなぜ決まって緑色なのか、その訳を紹介した。

韓国では「国民の酒」とも言われる焼酎。メーカーや商品により多少の違いはあるものの、緑色の小ぶりのボトルがトレードマークのようになっている。このボトル、90年代までは着色も脱色も施さないほぼ無色のガラスが一般的だったが、あるメーカーが「クリーンな」イメージの緑色に着色して売り出し、広まったという。

ただしこの緑色、光の影響を受けにくい蒸留酒の焼酎だからできること。例えば醸造酒のビールは、太陽光によって味が変わりやすいとの理由から、紫外線を遮る茶褐色が使われることが多い。

「酒のボトルにもこのように科学的な原理がある」としたこの記事に、韓国のネットユーザーからは反論のコメントが数多く寄せられた。

「焼酎の度数が25度だった時代には、瓶は無色だった」

「韓国で市販されてる焼酎は水で薄めた蒸留酒。本当の焼酎じゃない」

「ちゃんとした蒸留の焼酎は陶磁器に入れてあるよ」

「記事の内容からして、焼酎の瓶は何色でも良さそうなものだけど、緑にこだわる理由はあるのかな」

「世界のビールと呼ばれるハイネケンやカールスバーグ、青島ビールは、みんな緑色だね」

「外国のビールと韓国のビールは別の飲み物だ」

「韓国の焼酎とビールの値上げは、科学ではなくて魔法」

「こんな記事はでたらめ」

「個人的には、焼酎の瓶は無色に赤いふたの昔の物がいいなあ。小さい頃、お父さんのおつかいで毎回買いに行ったのを思い出す」

「ただ日本のまねをしただけでしょ」

「ビールの瓶も、紫外線を完全に遮るわけじゃない。韓国の瓶ビールの味がひどいのは、それが理由」(翻訳・編集/吉金

関連記事

日本のコンビニをうらやましがる韓国人=「韓国も20年後にはこうなる」の声に日本ネットは「国民性の問題が大きい」と否定的

1日、韓国のインターネットにこのほど、日本のコンビニの店内を撮った写真に「食べ物の種類が実に豊富」との感想を添えたスレッドが立った。「韓国も20年後にはこうなる」とのコメントに、日本ネットの反応は否定的だった。写真は日本のコンビニ。

Record China
2015年12月3日 7時48分
続きを読む

韓国だけの良くない文化と思っていたら、日本にも!?=韓国ネット「欧米にもあるよ」「日本は衛生的だと思ってたけど」

29日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本にはないと思っていた文化にショック」とのスレッドが立ち、この書き込みに韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せた。写真は日本の鍋料理。

Record China
2015年11月30日 8時36分
続きを読む

ランキング