2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

外国人の生活コストがアジアで最も高いのは上海=「東京が1位ではないのはおかしい」「すべて住宅価格のせい」―中国ネット

配信日時:2015年12月14日(月) 8時10分
外国人の生活コストがアジアで最も高いのは上海=「東京が1位ではないのはおかしい」「すべて住宅価格のせい」―中国ネット
画像ID  495150
11日、中国メディアの参考消息は、英メディアの報道を引用し、外国人の生活コストが高いアジア都市で上海が1位となったと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は上海。
2015年12月11日、中国メディアの参考消息は、英メディアの報道を引用し、外国人の生活コストが高いアジア都市で上海が1位となったと伝えた。

英国のコンサルタント会社ECAインターナショナルの生活コスト調査によると、アジア・太平洋地域で外国人の生活コストが高い国上位20カ国のうち、半数以上が中国の都市となった。1位が上海、2位が北京、5位が広州で、東京は7位だった。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これはデタラメだ」
「東京がそんなに下だなんてありえない」
「東京が1位ではないのはおかしい」

「北京、上海、広州の生活コストが東京より高い?俺をからかっているのか?」
「香港が北京や上海より下?国際的なジョークだな」
「確かに上海で生活するのは楽じゃない」

「明らかに物価上昇に給料がついていっていない!」
「収入は低いが生活費は高い。社会主義って素晴らしいな」
「生活コストでは日本を超えたのに、収入ではアフリカより低い」

「すべて住宅価格のせいだ。中国経済も同じ。住宅価格のバブルゆえ」
「物価は一流、給料は二流、空気は三流の上海」
「俺のような若者は生きていけるところがないな」
「これは欧米人がアジアで欧米式の生活をするからだろ」(翻訳・編集/山中)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事