中国人観光客はなぜ海外で爆買いするのか―中国紙

Record China    2015年12月12日(土) 19時50分

拡大

9日、国連世界観光機関(UNWTO)がこのほど発表した統計によると、2012年以降、中国が米国やドイツなどを抜き、世界最大の国際観光消費国になった。

2015年12月9日、国連世界観光機関(UNWTO)がこのほど発表した統計によると、2012年以降、中国が米国やドイツなどを抜き、世界最大の国際観光消費国になった。中国観光研究院がまとめたデータでは、中国本土の海外観光客数と海外での購買力は3年連続の1位で、15年には人数が前年比16%増加し初めて1億2000万人を突破する見込みだ。広州日報が伝えた。

中国商務部がまとめた一連のデータによると、腕時計、カバン、衣類、アルコール類、電子製品の5品目の高級ブランド20種類の商品は、中国本土で買うと香港より約45%高く、米国より51%高く、フランスより72%高い。

購買力とぜいたく品の購買力と中国人の旅行先の選択には大いに関係がある。関税が高いことやその他の原因により、中国ではカバンや化粧品や腕時計といったぜいたく品の値段が今でも高い。日本やユーロ圏の通貨の値下がりは、こうした国・地域が米ドルと相場が連動する香港をうち負かした理由と考えることができる。

最近は元も値下がりしている。とはいえアナリストは、「人民元の値下がりが世界を旅したいという中国人の欲望を薄れさせることはないだろう」とみる。(提供/人民網日本語版・翻訳/KS・編集/武藤)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携