韓国人が感じた日韓の「テレビ文化」の違い=韓国ネット「日本は人と人との距離が遠い」「韓国もいずれ日本のようになる」

配信日時:2015年12月13日(日) 6時30分
韓国人が感じた日韓の「テレビ文化」の違い=韓国ネット「日本は人と人との距離が遠い」「韓国もいずれ日本のようになる」
画像ID  495060
13日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日韓のテレビ文化の違い」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目の的になっている。資料写真。
2015年12月13日、海外ドラマを見ていると、その国の文化や風習を垣間見ることができるが、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日韓のテレビ文化の違い」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目の的になっている。

スレッド主は、日本のファッションモデル・SHIHOさんが韓国のあるトーク番組にゲストとして出演した回を見て、その違いを感じたという。それは「プライバシー」に関するもので、韓国では芸能人の家族は子どもも含めてオープンにされ、家計まで公開されることが珍しくないが、日本では芸能人の家族や家、子どもがほとんど公開されないというものだ。これについて、スレッド主は「近い国だけど、かなり違う」と感想をつづっている。

これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「韓国がやり過ぎってことでしょ」
「韓国は芸能人が二世、三世と続いていくから、早いうちに顔を売っておかないといけない」

「確かにそうだけど、(韓国でも)公開されるのはリビングの一部とか、子どもに関しても人気のない芸人とかに限られる」
「あとはモザイクをかけることもあるよね」

「日本の芸能人も、ブログでは公開してる人もいる」
「日本は放送局も多いし、それだけ芸能人も番組も多い。だから私生活公開にちゅうちょしない芸能人がいてもおかしくない」

「日本人は韓国人に比べ『人と人との距離感』が遠い」
「日本人の生活はほぼ欧米化された。個人主義(プライバシー)が強い国。だから韓国文化から見たら日本は理解しがたい部分もある。ま、数年後には韓国も日本のようになるだろうけど」(翻訳・編集/松村)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事