Record China

ヘッドライン:

「台湾国」のシール貼ったパスポートで入国拒否される、シールはがしても入国できず―中国メディア

配信日時:2015年12月9日(水) 12時50分
拡大
9日、中国台湾網によると、台湾のパスポートの表紙の「中華民国」の文字の上に「台湾国」と印字されたシールを張り付けて他国の入国審査を通過しようとした台湾人が入国を拒否されるケースが相次いでいる。写真は台湾のパスポート。
(1/2枚)

2015年12月9日、中国台湾網によると、台湾のパスポートの表紙の「中華民国」の文字を覆い隠すように「台湾国」と印字されたシールを張り付けて他国の入国審査を通過しようとする台湾人が入国を拒否されるケースが相次いでいる。

その他の写真

8日に台湾の各メディアが報じたところによると、先日、シンガポールで「台湾国」と書かれたシールを貼り付けたパスポートで入国しようとした台湾人が入国拒否された。台湾外交部は、同様の例がここ最近3件あったとし、そのうち2件では、入国を拒否された後にシールをはがして見せたものの、やはり入国を拒否されたという。

台湾では独立志向の強い人々の間で、このシールを貼ることが流行している。ネット上には、シールを貼ったパスポートで問題なく入国できたという“前例”が多数書き込まれているが、入国を拒否されるケースもある。

今年9月には、台湾の政治家・呂欣潔(ルー・シンジエ)氏がフェイスブック上で自身の経験を明かした。呂氏がオランダの入国審査で「台湾国」のシールを貼ったパスポートを見せると、別室に連れて行かれシールをはがすよう求められた。呂氏は「台湾は独立国家です」と訴えたが、係官は「シールを張れば独立したことになるのですか?」と反問したという。

台湾当局はこうした事態を受け、11月にパスポートに関する条例の修正案を発表。新たに、パスポートの原状に影響する書き変え、修正などを禁止する項目が盛り込まれた。(翻訳・編集/北田

関連記事

台湾女性の訴え実る、大阪の区役所が「中華人民共和国台湾省から転入」を「台湾から転入」に訂正―台湾メディア

6日、台湾中央通信社によると、台湾女性が日本籍の子どもの住民票に「中華人民共和国台湾省から転入」と記載されていたとして大阪の区役所に訂正を求めていた問題で、区役所側が訂正に応じたことがわかった。写真は台湾の旗。

Record China
2015年8月8日 12時18分
続きを読む

台湾人が日本の住民票に怒り心頭!中国ネットは称賛=「日本はよくやった!」「日本政府に『いいね』を送りたい」

28日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、台湾から日本へ転入した台湾人の住民票の記載の仕方について伝える投稿があった。これに対して中国のネットユーザーからは日本を称賛するコメントが多く寄せられた。資料写真。

Record China
2015年7月30日 1時11分
続きを読む

ランキング