Record China

ヘッドライン:

高級ブランドが中国の店舗を相次ぎ閉鎖、書店やカフェ併設で集客に尽力―香港紙

配信日時:2015年12月8日(火) 14時12分
拡大
4日、多くの国際的高級ブランドが中国に店舗を次々オープンさせていたが、近年はルイ・ヴィトンが撤退するなど、各ブランドとも閉店が相次いでいる。写真は中国にある高級ブランド店。
(1/2枚)

2015年12月4日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは「高級小売商はなぜ中国市場を放棄するのか」と題した記事を掲載した。多くの国際的ブランドにとって、広州のショッピングモール「麗柏広場」は中国市場制覇への第一歩となっていたが、ルイ・ヴィトンが撤退するなど、高級ブランドの閉店が相次いでいる。5日付で環球時報が伝えた。

その他の写真

各国の高級ブランドが中国市場へ大挙進出して10年余り。中国経済の鈍化や政府の反腐敗運動、海外旅行ブームなどの影響で中国国内の高級品市場は冷え込んでおり、新たにオープンされる店舗の数が閉店数を下回る状態となっている。バーバリー、グッチ、エルメス、プラダなどが店舗数を減らしている。今後は閉店がさらに増えるものとみられている。

その一方で、店舗に書店やカフェなどの他サービスを併設し、集客に務める動きも出ている。北京のルイ・ヴィトンの店舗では書店とギャラリー、茶室などを併設。グッチは上海でレストランを開業した。カフェとエステティック店を開業したブランドもある。客が実店舗でより長い時間を過ごせるようにすることで、商品を手に取る機会を増やして販売につなげようとする動きが強まっている。

以前は海外ブランドにとって中国市場は金のなる木で、次々に新店舗をオープンさせ、サービスが本場欧州の店より数段落ちるものでも十分対応できていた。しかし、現在のような状況に至り、その代償が重くのしかかっている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

韓国で日本車が再び人気に、VW排ガス不正問題で=韓国ネット「この国はいったい何なんだ」「日本車に乗ったから親日というのはおかしい」

2日、長らくドイツ車が人気を集めていた韓国の輸入車市場で、日本車メーカーが攻勢を強めているとの報道に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真はフォルクスワーゲン車。

Record China
2015年12月7日 6時0分
続きを読む

サムスンのデジカメ撤退は日本に負けたからではない―中国メディア

30日、百略網は記事「サムスン、カメラ事業撤退を否定=だがそんなに簡単な問題だろうか?」を掲載した。韓国メディアは9月にサムスンのカメラ事業大幅縮小の方針を伝えた。今年2月を最後に新機種の発売はなく、撤退も視野に入れて検討しているという。

Record China
2015年11月1日 20時40分
続きを読む

ランキング