Record China

ヘッドライン:

中国経済、都市化進展で消費・サービス分野が拡大=15年のGDP予測、6.9%に上方修正―ADBIが東京で年次シンポジウム開催

配信日時:2015年12月7日(月) 8時0分
拡大
アジア開発銀行研究所(ADBI)は年次シンポジウムを開催し、アジア経済について討議した。2015年の中国の経済成長率予測を6.9%と、9月時点の6.8%から上方修正した。急速な都市化を背景とした民間消費やサービス分野の拡大を理由としている。
(1/2枚)

2015年12月3日、アジア開発銀行研究所(ADBI)は東京都内で年次シンポジウムを開催し、中国をはじめとするアジア経済について討議した。2015年の中国のGDP成長率予測を6.9%と、9月時点の6.8%から上方修正した。急速な都市化を背景とした民間消費やサービス分野の拡大を理由としている。

その他の写真

このシンポジウムには、中尾武彦アジア開発銀行総裁(元財務省財務官)、吉野直行ADBI所長(慶応大名誉教授)のほか、余永定・中国世界経済政治研究所前所長をはじめ日米中韓各国や東南アジアの研究者が出席した。

ADBIによると、中国経済は、投資の減退や製造業の過剰設備、住宅マンションの過剰供給が引き続きマイナス要因となっている。一方で、民間消費やサービス分野が拡大。中国政府の景気下支え策も効果を発揮しつつあるという。2015年の中国の経済成長率予測を6.9%と、9月時点の6.8%から上方修正。16年の成長率は6.7%と予測を据え置いた。

ADBIの吉野所長は「世界第2位の規模の中国経済の減速は世界全体に影響を与えるが、諸データは成長の可能性を示している」と説明。ADBIのモルガン・上席研究コンサルタントは「都市化比率が中国では54%と、先進国平均の80%に比べ小さい。都市化を背景としたインフラ投資の余地が大きい」と指摘した上で、「今後の中国成長の源となる」と語った。また「戸籍、年金、貯蓄などの改革が進められれば、経済を下支える要素になる」との見通しを明らかにした。(八牧浩行



■筆者プロフィール:八牧浩行
1971年時事通信社入社。 編集局経済部記者、ロンドン特派員、経済部長、常務取締役、編集局長等を歴任。この間、財界、大蔵省、日銀キャップを務めたほか、欧州、米国、アフリカ、中東、アジア諸国を取材。英国・サッチャー首相、中国・李鵬首相をはじめ多くの首脳と会見。現在、日中経済文化促進会会長。Record China相談役・主筆。著著に「中国危機ー巨大化するチャイナリスクに備えよ」など。 ジャーナリストとして、取材・執筆・講演等も行っている。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。

関連記事

<チャイナ・インパクト>中国の原油輸入が過去最高水準に=メタル取引所の乱立は市場かく乱要因―JOGMEC北京事務所長

「新常態」に移行した中国経済は引き続き世界経済に大きなインパクトを及ぼしている。独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)がこのほど東京都内で開いたセミナーで、森永正裕北京事務所長が報告した。

Record China
2015年12月1日 9時50分
続きを読む

IMFが人民元を基準通貨に決定、来年10月から=米国ネット「米ドルの終わりの始まりだ」「中国はIMFを承認していたのか?」

30日、AFP通信によると、国際通貨基金(IMF)は30日の理事会で、準備資産の「特別引き出し権(SDR)」の基準通貨に中国の人民元を追加することを決めた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は人民元。

Record China
2015年12月1日 6時41分
続きを読む

「中国経済、かつての日本のようなデフレに陥る危険性」と米紙=中国は「日本とは実力が違う」と反論、「違うのは信用度」と日本

24日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル中国語版が中国がかつての日本のようなデフレ危機に陥る可能性があるとの記事を掲載したことについて、日中ネットでまるで違った反応が見られた。イメージ写真。

Record China
2015年11月27日 20時18分
続きを読む

ランキング