Record China

ヘッドライン:

結局のところ日中の間にはどれほどの差があるのか?中国ネットが議論=「最大の差は民度の平均にある」「まだ差はあるが中国は必ず日本を超える」

配信日時:2015年12月4日(金) 8時55分
拡大
29日、中国の掲示板サイトに「中国と日本の間にはいったいどれほどの開きがあるのか」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2015年11月29日、中国の掲示板サイトに「中国と日本の間にはいったいどれほどの開きがあるのか」と題するスレッドが立った。

スレ主は韓国に行った時には中国の大都市との差を感じることはなかったそうだが、日本に来てみると、中国とは大きな開きがあると感じたという。1982年には運営を開始した東北新幹線、信号のない交差点で歩行者に道を譲る車、非常に静かな街、路上喫煙が禁止され喫煙所が設けられていることなど、多くの面で中国との違いを感じたと綴った。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日中の最大の差は民度の平均にあると思う」
「歴史を認めない日本人には、礼儀正しさがあるだけで道徳心はない」

「明治維新が1868年で改革開放は1978年。日本は中国より100年も早く発展し始めたんだ」
「日中はハード面では50年、ソフト面では100年の差がある。ごみの分別は100年かかっても日本のレベルには追いつけない」

「まだ差はあるが中国は必ず日本を超える」
「中国はこんなに多くの人口と民族があり、数千年に渡る封建思想がまだ残っている中で、わずか半世紀で現状にまでなっただけでもたいしたものだ」

「100年前には東アジアの病人で、40年前は極貧だったが、今では影響力の強い大国になった。日本のように早くから社会が成熟したがすでに衰退している国と比べれば、中国の未来は明るい」(翻訳・編集/山中)

関連記事

JRの架線切れで5000人が整然と線路を歩く=「反日をしても日本の民度の高さは変えられない」「中国で電車が止まると数分後には…」―中国ネット

17日、香港メディア・鳳凰網は、日本で架線切れによるトラブルで電車がストップした際、ラッシュ時にもかかわらず5000人が整然と線路を歩いて移動したと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2015年11月18日 21時50分
続きを読む

日本社会における信頼感は恐怖を感じるほど!=「俺たちの方がもっと信頼感がある。お互いの物を勝手に持っていくほどだ」―中国ネット

26日、中国の掲示板サイトに「日本社会における信頼感は恐怖を感じるほどだ」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2015年10月29日 7時12分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング