Record China

ヘッドライン:

韓国人の労働時間は世界一、OECD平均より2カ月も多く働く=韓国ネット「人間らしく生きたい」「努力が足りないという記事はうそだったね」

配信日時:2015年12月2日(水) 4時32分
拡大
29日、昨年の韓国人1人当たりの労働時間が、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最も長かったとの報道に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真はソウル。

2015年11月29日、韓国・世界日報によると、昨年の韓国人1人当たりの労働時間が経済協力開発機構(OECD)加盟国中、最も長かったことが分かり、韓国政府がこの間進めてきた雇用創出のための労働時間短縮策に批判が集まっている。

韓国労働社会研究所のリポートによると、昨年の週当たり労働時間が法定(週40時間)及び延長の許容上限(週52時間)を超過した労働者の数は全体の19%に上り、一昨年より1.1ポイント増加した。年間の総労働時間は一昨年よりも40時間増加し2285時間、これはOECD加盟34カ国の中で最も長く、加盟国平均(1770時間)よりも515時間多い数値だ。515時間を1日8時間勤務で換算すると、韓国人は平均よりも2カ月以上多く働いている計算になる。

韓国の労働基準法では、週当たり最大52時間の労働が認められており、これに違反した場合には2年以下の懲役か1000万ウォン(約110万円)の罰金が科せられるが、多くの職場で違反が常態化している実態が浮き彫りになった。

この報道に韓国のネットユーザーの関心は非常に高く、5000件を超えるコメントが寄せられている。

「政府は何でもOECDに倣いたがるから、こういうことも倣わないと」

「移民したい」

「この数字だって、減らして出されているはず」

「韓国人はハングリー精神とか努力が足りないっていう記事が先日出ていたけど、うそだったね」

「韓国では、規定の時間以上働かないと食べて行けない。いつも良いことは最下位、悪いことはトップだね」

「日本企業の考え方:人手が足りなければ人を増やして対応。韓国企業:人手が足りなければ、足りない分だけ働かせる」

「労働の質は最悪ってことか」

「人間らしく生きたい」

「週52時間なんて、守っていない職場だらけだよ。残業代だって出やしない」

北朝鮮もOECDに加入させよう。韓国とどちらがたくさんトップを取れるか気になる」(翻訳・編集/吉金

関連記事

「労働意欲ランキング」で韓国が最下位圏に、ハングリー精神が消えた?=韓国ネット「当然の結果」「働くほど生活が苦しくなる」

26日、韓国メディアによると、スイス国際経営開発院(IMD)がこのほど発表した「世界の労働意欲ランキング」で、韓国は最下位圏に属していることが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国人。

Record China
2015年11月27日 9時22分
続きを読む

「日本の科学技術の底力は学者の誠実さ」、韓国政府高官が発言=韓国ネット「研究費もないのに続けられない」「世間の風潮にも問題がある」

25日、韓国・聯合ニュースによると、日本を訪問した韓国未来創造科学部の崔長官が、ノーベル賞を相次いで受賞する日本の科学技術の底力を「学者の誠実さにある」と述べた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

Record China
2015年11月27日 19時40分
続きを読む

「韓国は日中のサンドイッチ」すら傲慢な考え=韓国ネット「大企業中心の経済が韓国をダメにした」「インドにも追い抜かれる」

21日、韓国・朝鮮日報は、「韓国が『日中間のサンドイッチ』とする考えすら現時点では傲慢な考えであった」と報じた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

Record China
2015年11月24日 5時9分
続きを読む

ランキング