Record China

ヘッドライン:

北京、アジアでアップルストア最多都市に―中国メディア

配信日時:2015年11月30日(月) 23時39分
拡大
28日、北京がアジアで一番アップルストアが多い都市になった。北京では2008年に初のアップルストアがオープンした。それから7年、今回の出店で累計5店舗となった。写真は新規開店した朝陽大悦城店。
(1/2枚)

2015年11月28日、中国メディア・界面によると、北京がアジアで一番アップルストアが多い都市になった。

その他の写真

北京市で28日、新たなアップルストアがオープンした。新規開店した朝陽大悦城店にはiPhoneやiPadなどアップル製品がずらりと並んでいる。中国語に加え、英語、日本語、韓国語、イタリア語、ロシア語、広東語に対応できる114人のスタッフがいる。

北京では08年に初のアップルストアがオープンした。それから7年、今回の出店で累計5店舗となった。上海や香港の4店舗、東京や重慶の3店舗を上回り、北京が単独で「アジアで一番アップルストアが多い都市」の座についた。(翻訳・編集/増田聡太郎

関連記事

アップルが中国人を意識、アップルウォッチにゴールドモデル=247万円の時計はいくつ売れるか―米メディア

10日、米アップル社はこのほど、新たにウェアラブルデバイス「アップルウォッチ」を発表したが、中国人の好みに合うゴールドモデルが含まれており、中国人消費者を意識したものとみられている。写真は上海のアップルストア。

Record China
2015年3月15日 19時31分
続きを読む

ランキング