Record China

ヘッドライン:

米映画「オデッセイ」に華人俳優出演、「チョイ役すぎ」で観客の笑いのツボに―中国

配信日時:2015年11月27日(金) 15時50分
拡大
26日、米映画「オデッセイ」が公開中の中国で、華人俳優が「チョイ役すぎる」として、その出演シーンが笑いのツボになっている。
(1/2枚)

2015年11月26日、米映画「オデッセイ」が公開中の中国で、華人俳優が「チョイ役すぎる」として、その出演シーンが笑いのツボになっている。新浪が伝えた。

その他の写真

中国で25日から上映されている「オデッセイ」は、初日だけで興行収入5700万元(約11億円)を達成。最終的に8億元(約154億円)超えは確実とされている。この映画には、中国航天局のスタッフ役として、香港の俳優エディ・コー(高雄)、中国の女優チェン・シュー(陳数)が出演しているが、一瞬だけの登場シーンが観客の笑いの的になっている。

2人がスクリーンに登場するのは、映画が終盤にさしかかった頃の2回のみ。合計3分ほどとなっており、「存在感ゼロ」「いなくてもいいキャラ」「チョイ役の歴史に新たに名前を加えただけ」などと指摘されている。

近年、世界2位の規模を持つようになった中国市場を意識して、ハリウッド映画に華人俳優が起用されるケースが多くなり、もはや不可欠と言っていい存在になっている。しかし、ふたを開けてみればいずれも「チョイ役」ばかりで、中国の観客を落胆させることが多い。これまで少しでも存在感を示したのは、「バイオハザードV」や「トランスフォーマー/ロストエイジ」のリー・ビンビン(李冰冰)、「X−MEN」のファン・ビンビン(范冰冰)のみとなっている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

「トランスフォーマー4」のリー・ビンビン、「チョイ役」嫌ってマイケル・ベイ監督に抗議―中国

19日、米人気シリーズ映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」に出演している中国の女優リー・ビンビンが、チョイ役を嫌ってマイケル・ベイ監督に演じる役を変えさせたことを語っている。写真はリー・ビンビンとベイ監督。

Record China
2014年7月20日 21時40分
続きを読む

「中国マネー」狙いハリウッドスターの訪中激増、「中国通」アピール、ファンサービスも多様化―中国

21日、中国映画市場の拡大とともに、ハリウッドスターが大挙して中国へ押し寄せるようになった。少し前まで彼らが口にするお決まりの言葉は「北京ダック」「万里の長城」「中国語のあいさつ」の3つに限定されていたが、最近はさらにディープなサービスぶりを発揮するようになってきた。写真はジェニファー・ローレンス。

Record China
2015年11月22日 17時40分
続きを読む

ランキング