中国が初の「人間型宇宙ロボット」開発、他国の衛星破壊も可能に―香港紙

配信日時:2015年11月28日(土) 11時30分
中国が初の「人間型宇宙ロボット」開発、他国の衛星破壊も可能に―香港紙
画像ID  494033
26日、中国はこのほど初の人間型の「宇宙ロボット」の開発に成功した。香港紙は「他国の衛星を破壊することも可能になる」と伝えている。資料写真。
2015年11月26日、参考消息網によると、中国はこのほど初の人間型の「宇宙ロボット」の開発に成功した。香港メディアは「他国の衛星を破壊することも可能になる」と伝えている。

香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、「宇宙ロボット」はこれまで中国が開発したロボットで最も高価だが、開発費用は明らかにされていない。関係者によると、発射だけで数億元がかかるとみられている。「宇宙ロボット」はこれまで、北京で開かれた世界ロボット大会で基礎型モデルが公開されたことがある。

「宇宙ロボット」の主な任務は、衛星の寿命を伸ばし、宇宙ごみを減少させることにあるという。また、軍事的な用途として、他国の衛星を破壊したり、ソフトや技術を収集して自国の研究に役立てる目的もあるとみられる。

宇宙ロボットは米露などが開発に取り組んでいるが、巨額の費用がかかるとされている。これに対し、中国の研究者は「投資を上回る収益が見込める」と自信を示している。(翻訳・編集/大宮)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事