Record China

ヘッドライン:

若者世代の知らない酒井法子、学生寮には「ギター、カップ麺、のりピー」の絶大な人気―中国

配信日時:2015年11月26日(木) 23時30分
拡大
25日、日中間フェリーでディナーショーに出演し、中国で再び話題になっている酒井法子だが、中国では90年代初めに広告やドラマがブレークのきっかけとなった。
(1/2枚)

2015年11月25日、日中間フェリーでディナーショーに出演し、中国で再び話題になっている酒井法子だが、中国では90年代初めに広告やドラマがブレークのきっかけとなった。新浪が伝えた。

その他の写真

ディナーショー出演で連日話題になっている。若者世代においては、すでになじみの薄い存在だが、30〜40代の人々にとっては青春のシンボルであり、心を奪われたスーパーアイドルとして記憶に焼き付いている。

中国で注目されるようになったきっかけの1つは、93年に大手家電メーカーの広告に登場し、中国語で「夢冒険」を歌う姿だった。そのピュアなかわいらしさがすぐさま注目され、95年には中国語曲を含むアルバム「微笑」をリリース。中国でアルバムを発売した日本人タレントは酒井が初めてで、異例の50万枚を売り上げている。

主演ドラマ「星の金貨」や「ひとつ屋根の下」も大ヒットし、日本発の女性タレントとしては山口百恵に続くスーパーアイドルとなった。当時、大学の学生寮には、ギターとカップ麺のほか、酒井法子と香港の女性歌手ビビアン・チョウ(周慧敏)のポスターは「なくてはならないもの」になっていた。

今夏に台湾で大ヒットし、現在は中国で公開中の青春映画「我的少女時代」では、主人公の男性が「昔、酒井法子の大ファンだった」と語っている。当時の絶大な人気を表しており、青春時代に彼女に憧れた世代の共感を呼んでいる。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

酒井法子、中国ツアーのディナーショーで大金稼ぎ、イベントの出演オファーも集中―台湾メディア

23日、上海と福岡を結ぶフェリーでディナーショーに出演し、話題になっている酒井法子だが、年末に向けて中国のホテルや各種イベントが争って出演オファーをかけているとの報道も。その高額ギャラも注目されている。写真はディナーショーでの酒井法子。

Record China
2015年11月25日 0時10分
続きを読む

中国でも人気だった日本のアイドル、今やフェリーで歌うまでに落ちぶれた?=中国ネットは「歌で稼ぐのはいいこと」「落ちぶれてはいない」と肯定的

19日、中国紙・新聞晨報は酒井法子さんが今ではフェリーのレストランで歌うようになったと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は酒井法子さん。

Record China
2015年11月20日 17時45分
続きを読む

ランキング