Record China

ヘッドライン:

「中国経済、かつての日本のようなデフレに陥る危険性」と米紙=中国は「日本とは実力が違う」と反論、「違うのは信用度」と日本

配信日時:2015年11月27日(金) 20時18分
拡大
24日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル中国語版が中国がかつての日本のようなデフレ危機に陥る可能性があるとの記事を掲載したことについて、日中ネットでまるで違った反応が見られた。イメージ写真。
(1/2枚)

2015年11月24日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)中国語版が中国がかつての日本のようなデフレ危機に陥る可能性があるとの記事を掲載したことについて、中国ネットが「中国と日本では実力が違う(中国の実力の方が上)」と主張したのに対して、日本ネットは「違うのは実力ではなくて信用度」と反論した。果たしてどちらの言い分が正しいのか?

その他の写真

同紙は記事で、中国経済を浮揚させるためには金利引き下げと人民元の切り下げが必要であり、中国人民銀行が政治的要因などで相応の対策を取れなければ、20年前の日本のようなデフレに陥る危険性があると警告した。

この記事が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからは「多分90年代の日本より恐ろしいことになると思うな」「中国は日本と同じ道を進んでいるが、問題は日本より10倍大きい」「普通の消費者はお金がなくて、金持ちは国外で消費するからだろ」「すでにデフレになっている」などと危機感を共有するコメントが届いた。

一方で、「経済成長率5〜7%の世界第2の経済国が日本のようなデフレになるだって?」「WSJはいつも中国経済衰退論を唱えているが、日本と中国とでは実力が違うんだよ」と同紙の指摘への反論もみられた。

この強気なコメントに鋭く反応したのが日本のネットユーザー。「そもそも実力ではなく信用度が違うのでは?」「確かに。日本と比較するのは100年早い」「実力って(劣化)コピー品作る力でしょ」とかみついた。どうやら、日中では考えていることがまるで反対のようだ。(編集/長澤)

関連記事

日本経済の衰退が鮮明に!?第3四半期GDPが0.8%減=「多くの中国人が便座を買ってあげているのになぜ衰退?」―中国ネット

16日、中国メディアの観察者網は7〜9月期の日本の実質GDP速報値が前期比年率で0.8%減と2期連続のマイナス成長となったと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2015年11月18日 7時3分
続きを読む

ランキング