日本のボールを使用して年間400億本のボールペンを製造する中国=「これで世界の製造強国だと言うとは面の皮が厚い」―中国ネット

Record China    2015年11月24日(火) 4時13分

拡大

22日、中国では多くのボールペンが製造されているものの、その利益は少ない。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2015年11月22日、中国中央テレビは中国版ツイッター微博(ウェイボー)で、中国では多くのボールペンが製造されているものの、その利益は少ないと伝えた。

中国では年間400億本近くのボールペンが製造されているものの、その利益は1本あたり1分(約2銭)にもならない。なぜなら、ボールペンのボールなどの部品で日本が利益を上げており、設備でスイスが利益を上げているからだ。つまり、中国にはハイレベルのボールやインクを製造できる核心技術がないということだ。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「結局のところ中国には加工工場としての役割しかない」

「改革開放から何十年もたったのに、いまだに世界の代理製造工場なのか」

「同じことを20〜30年前から言っているような気がするが、いまだに変わらないんだな」

「研究開発をしたがらずにひたすら模倣する。だから成功した企業とは永遠になり得ない」

「ボールペンのボールすら作れないのに世界の製造強国などと言うのだから、面の皮が厚いことこの上ない」

「中国のどこに核心技術があるというのだろう」

「ボールペンの製造技術すらないとは驚いた!てっきりボールペンは中国が発明したのかと思っていたよ」

「でも今どきボールペンを使う機会なんて少ないけどね」

「日本製品ボイコットを主張する人たちはボールペンも使えなくなるな」(翻訳・編集/山中)

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携