Record China

ヘッドライン:

アレック・スーが「小虎隊」時代を後悔?「青春時代に犯した最大の過ち」を語る―台湾

配信日時:2015年11月21日(土) 17時10分
拡大
20日、台湾のアイドルユニット・小虎隊出身の俳優アレック・スーが、「青春時代に犯した最大の過ち」について、「小虎隊に加入したこと」と語った。写真はアレック・スー。
(1/2枚)

2015年11月20日、台湾のアイドルユニット・小虎隊出身の俳優アレック・スー(蘇有朋)が、「青春時代に犯した最大の過ち」について、「小虎隊に加入したこと」と語った。自由時報が伝えた。

その他の写真

小虎隊は80年代末から90年代にかけて、絶大な人気を誇った男性アイドルユニット。現在も俳優として活躍するニッキー・ウー(呉奇隆)、ベニー・チェン(陳志朋)、さらに最年少メンバーのアレック・スーを加えた3人構成だった。

アレック・スーがこのほどインタビューで語ったもの。「青春時代に犯した最大の過ち」について、「小虎隊に加入したこと」と答えている。デビュー当時15歳だったアレック・スーは、台湾の最難関校・建国中学に通っていた。その後、最高学府の台湾大学に合格し、秀才アイドルとして知られるが、過去には仕事と学業を両立できず、挫折感で非常に悩んだという。芸能界の仕事は好きだったが、そのため授業を休むことに大きな葛藤を抱き続け、それが今の後悔につながっているようだ。

今年は初監督映画の「ひだりみみ」が、中国だけで興行収入5億元(約95億円)のヒットを記録し、新たな才能を開花させた。現在、台湾版アカデミー賞・金馬奨の最優秀新人監督賞にノミネートされている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング