韓国人が日本の100円ショップの「緑茶」に驚き!その理由は…=韓国ネット「カルチャーショック!」「これぞ先進国の証」

Record China    2015年11月15日(日) 18時0分

拡大

12日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本の100円ショップのレベル」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目を集めている。写真は100円玉。

(1 / 2 枚)

2015年11月12日、昨今の100円ショップの品ぞろえには目を見張るものがあり、韓国でも日本の大手チェーン店があちこちで見られるようになったが、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本の100円ショップのレベル」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目を集めている。

その他の写真

スレッド主は、説明など必要ないと言わんばかりに1枚の写真を掲載しており、そこには320mlと500mlのペットボトルの緑茶が同価格(108円)で販売されている様子が写っている。この現象を、韓国ネットユーザーはどう見たのか。

コメント欄には、「カルチャーショック!」といった驚きの声や、「賞味期限の違いとか?」「小さいのは濃いめ、大きいのは水みたいに薄めに煮出したお茶なんじゃない?」といった憶測が寄せられている。

また、「ちょっとだけ飲みたいときは小さい方を買っていくこともあると思う」という見方や、「マーケティング心理学関連の本を読めば、まったく不思議な状況ではないということが分かる」「ああやって売れば、大容量の売り上げが伸びる」といった「理由がある」との見方もあった。

このほか、「日本では必要な分だけ買っていく。これこそ先進国の証」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携