Record China

ヘッドライン:

韓国がまた米国から技術移転を拒否される、戦闘機の核心技術を自主開発へ―中国メディア

配信日時:2015年11月9日(月) 8時56分
拡大
5日、韓国が開発中の第4.5世代ジェット戦闘機「KF−X」について、米国から技術移転を繰り返し拒否されたことで、韓国は必要な技術を自主開発することを明らかにした。資料写真。
(1/2枚)

2015年11月5日、新華社によると、韓国が開発中の第4.5世代ジェット戦闘機「KF−X」について、米国が韓国側から繰り返し要請されていた核心技術4件の提供を再び拒否したことで、韓国国防部傘下の国防調達計画局は3日、この4件の核心技術を韓国が自主開発する意向を明らかにした。

その他の写真

KF−X事業は、F−16クラスの能力を持つ戦闘機を120機生産し、2025年ごろまでに実戦配備するもの。2014年9月の取り決めでは、25件のF−35戦闘機の技術を提供することを米国が承諾し、これを新型機の自主開発に応用する計画だったが、2015年4月に米国政府はアクティブ・フェーズド・アレイ・レーダー、赤外線捜索追跡装置、電子光学追跡装備、電波妨害装置の4件の技術移転を突然拒否。

10月15日、米国を訪問した韓国の韓民求(ハン・ミング)国防部長官はアシュトン・カーター米国防長官と会談し、改めて技術移転を要請したが、米国の意向は変わらなかった。

韓国国内からの批判に、国防調達計画局は核心技術の自主開発を発表。韓国はKF−X事業に必要な技術の90%を確保済みだとし、自主開発に自信を示した。政府も成果を上げることに信頼を示したが、野党・民正党からは疑問の声が出ている。

民正党は、国防調達計画局の関連データは不正があり、国民を誤った方向に導いていると指摘。先端戦闘機の研究開発水準から見ると、韓国が保有する技術水準は米国など先進国の14%程度にすぎないとした。

同局はこれに対し、評価は国内軍需企業、とりわけアクティブ・フェーズド・アレイ・レーダー技術の開発企業のデータに基づいていると反論した。「アクティブ・フェーズド・アレイ・レーダーと赤外線捜索追跡装置の開発を実現するため、国内外の関連機関と協議中だ」とし、「これら技術は現在の予算内で実現できるとみている」と述べた。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

韓国戦闘機開発、朴大統領が「期限内の成功」を指示=韓国ネット「無責任な発言!」「来年、日本が国産戦闘機を飛ばした時…」

28日、韓国メディアによると、韓国の国産戦闘機「KF−X」開発事業について、朴槿恵大統領が「予定された期限内に成功するよう進めてほしい」と指示したことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2015年10月29日 6時11分
続きを読む

インドネシア、韓国型次世代戦闘機事業に1800億円投資=韓国ネット「また米国に怒られるぞ」「技術移転を拒否されるのでは?」

30日、韓国・聯合ニュースによると、インドネシア政府が次世代韓国型戦闘機開発事業に投資する予算を通過させることが分かった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はインドネシア。

Record China
2015年10月30日 20時50分
続きを読む

韓国製訓練機T−50、米国の反対でウズベキスタン輸出失敗=「技術は米国のものだから国産とは言えない」「だから自主開発を!」―韓国ネット

24日、韓国・朝鮮日報によると、韓国製訓練機T−50のウズベキスタン輸出が米国政府の反対で事実上失敗に終わった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

Record China
2015年10月26日 8時5分
続きを読む

行き詰まった韓国の戦闘機事業、中古機の導入を検討か=韓国ネット「いくら親米でもそれは異常」「日本に防空任務を任せるつもりだ」

18日、米国が技術移転を拒否したことで韓国型戦闘機(KF−X)開発事業に重大な支障が予想される中、韓国空軍の戦闘機不足に備えるため、第3国の中古戦闘機の購入やリースの必要性が検討されている。資料写真。

Record China
2015年10月20日 12時25分
続きを読む

ランキング