韓国のマンションで起こったパワハラ事件に、入居者が大憤慨=韓国ネット「どこもかしこもパワハラだらけ」「国が本当におかしくなりつつある」

配信日時:2015年11月6日(金) 8時8分
韓国のマンションで起こったパワハラ事件に、入居者が大憤慨=韓国ネット「どこもかしこもパワハラだらけ」「国が本当におかしくなりつつある」
画像ID  491881
5日、韓国・釜山のあるマンションで起こった警備員へのパワハラ事件に住民が憤慨しているとの報道に、韓国のネットユーザーからも怒りのコメントが数多く寄せられている。資料写真。
2015年11月5日、韓国・国民日報は、韓国・釜山のあるマンションで起こった警備員へのパワハラ事件に、住民が憤慨していると報じた。

その他の写真

釜山のあるマンションに住むAさんはこのほど、マンションの壁に抗議文を張り出した。書き出しには、「抗議に先立ち、入居者の一人として警備員の方々に深く謝罪したい」とある。文書によると、Aさんの住むマンションでは2カ月ほど前、住民代表らが警備員に対し出入りする入居者へのあいさつを励行するよう要請した。この事実をインターネットで初めて知ったAさんは、「怒りと恥ずかしさ」でいっぱいになり、とにかく他の住民に知らせなければとの思いで文書を張り出した。

Aさんが目にしたサイトには、「年配の警備員さんたちが、年上であろうが年下であろうが、通り過ぎる一人一人に絶えず頭を下げてあいさつするなど、とんでもないことだと思い告発する」との文と共に、「現場」を撮影した写真が掲載されていた。告発者によると、「何人かのおばさんたちがマンションの代表会議で『他のマンションでは警備員が入り口に立ってあいさつしてるのに、なぜうちはやらせないの?』と不満を言い続けた」ことが事の発端だという。

これについて韓国のネットユーザーの反響は大きく、記事には数千件に上る怒りのコメントが寄せられている。

「あまりに時代錯誤だ」
「何か優越感を感じたいのかな?入居者の何が立派だって言うんだろう」
「その、抗議してたおばちゃんたちの写真をアップして」
「あいさつをしてもらいたければ、自分から『お疲れ様』と言うべき。先に言われなきゃ満足できないの?」

「恥ずかしい」
「はあ、国がこんなざまに…東方の礼儀の国どころか…」
「警備員のおじさんたちを、自分の夫や自分の父親だと考えてみて」
「国が本当におかしくなりつつある」

「子どもたちに対して恥ずかしくないのか?」
「どこもかしこもパワハラだらけ」
「あいさつとはお互いにするものであって、片方だけがするものではない。間違って習ったんだね」
「頑張ってくれている警備員のおじさんたちに、温かい言葉を掛けるのが正常では?」(翻訳・編集/和氣)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事