上海が「スポンジ都市」の建設を試行、雨水の80%を吸収―中国

配信日時:2015年11月4日(水) 13時59分
上海が「スポンジ都市」の建設を試行、雨水の80%を吸収―中国
画像ID  491718
2日、上海市住宅都市農村建設管理委員会によると、上海市は「都市が冠水し、海のようになる」という現象を防ぐため、3つの試行地区で「スポンジ都市」の建設を推進することを決定した。資料写真。
2015年11月2日、上海市住宅都市農村建設管理委員会によると、上海市は「都市が冠水し、海のようになる」という現象を防ぐため、3つの試行地区で「スポンジ都市」の建設を推進することを決定した。人民日報が伝えた。

その他の写真

同委員会の関係者によると、上海は2020年までに生態保護・低影響開発(LID)の雨水技術・設備の構築を目指す。そのうち試行地区の年流出量の制御率を80%以上とする。つまり雨水の80%を「吸収」し、20%を従来の方法で排出することになる。旧市街地は試行と改造を通じ、75%の制御率を実現する。(提供/人民網日本語版・翻訳/UF・編集/藤井)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事