Record China

ヘッドライン:

中国人専門家「日中韓FTA妥結、TPPが中国に与える衝撃の緩和につながる」―中国メディア

配信日時:2015年11月4日(水) 5時54分
拡大
1/2枚
2015年11月3日、中国社会科学院アジア太平洋・グローバル戦略研究院の高程(ガオ・チョン)研究員は、ロシアメディアに取材に応じ、日本、中国、韓国が1日の3カ国首脳会談で、交渉が難航している日中韓自由貿易協定(FTA)の交渉を加速することで一致したことについて、「FTA交渉がまとまれば3カ国いずれにもメリットがあり、(米国主導の)環太平洋経済連携協定(TPP)が中国に与える衝撃を緩和することにつながる」との認識を示した。中国・環球網がロシア通信社スプートニクの記事を引用して伝えた。

その他の写真

高氏は「東アジアに欧州連合(EU)のような国を超えた地域組織が出現することを容認できない米国は、日中韓にくさびを打ち込み、矛盾をつくり出し、同時にTPP交渉において日本に一定の優遇を与えてきた」と指摘。そうした背景には米国の政治的な理由があるとし、「米国はアジア全体の主導権を欲している。アジアの政治、経済、軍事、安全保障を主導することは、米国が同地域で追及する核心的利益なのだ」と分析した。(翻訳・編集/柳川)

関連記事

これで中国は終わった!?TPPで日本は品目95%関税撤廃=中国ネット「中国の損失は大きい」「共産党が何かいい手を持っているに違いない」

21日、中国の掲示板サイトに、「終わった!TPPで日本は品目95%関税撤廃」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2015年10月22日 16時32分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング