Record China

ヘッドライン:

インド高速鉄道受注のため、日本が150億ドル融資を検討?「ブランドイメージに傷がつくから中国は参加すべきでない」―中国ネット

配信日時:2015年10月25日(日) 6時0分
拡大
23日、新華社は、ロイター通信の報道を引用し、日本はインド高速鉄道受注のため、150億ドルの融資を検討していると伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
(1/2枚)

2015年10月23日、新華社は、ロイター通信の報道を引用し、日本はインド高速鉄道受注のため、150億ドルの融資を検討していると伝えた。

その他の写真

新華社によれば、日本はインドへ無利子での融資提供を検討しており、金額はムンバイ〜アーメダバード鉄道建設コストの80%に相当すると予想されるという。一方のインドは、日本企業から先頭車両や中間車両を含む設備の30%を調達するという。

このニュースに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これは日本にやらせよう。中国は全面的に不参加だ」

「俺は日本がインドのために造るのに大賛成だ」

「日本と競う必要はない。パキスタンに高速鉄道を作る方がいい宣伝になる」

「インドの高速鉄道建設で中国は関わるべきではない。利益の問題ではなく、中国のイメージが傷つくからだ」

「中国がインドに高速鉄道を造ることは国に対する反逆行為だな」

「ブランドイメージに傷がつくから中国はインドでの高速鉄道建設に参加すべきではない。」

「日本の建設コストとインドの腐敗はゴールデンコンビじゃないか」

「中国は静かに見守っていればいいさ。日本が唯一輸出した台湾新幹線は破産しそうだし」

「これは日本に受注させたらいい。11本のトンネルと1本の海底トンネルを造るのに何年かかるかな。日本もインドの腐敗っぷりを知る機会になって、相互理解が深まるからいいじゃないか」(翻訳・編集/山中)

関連記事

鉄道めぐる日中の戦いが白熱、結論はまだ早い―中国紙

26日、中国とタイの鉄道をめぐる協力というニュースが伝わると、日本も鳴り物入りでタイとの対話を加速させ始めた。今月14日には安倍晋三首相がタイのプラユット・チャンオチャ首相と会談を行い、これは過去1カ月間で2回目の会談となった。写真はタイの鉄道。

Record China
2015年3月28日 9時59分
続きを読む

インドが日本の新幹線を採用とのニュースに「その前にトイレを作れ」「中国高速鉄道には強力な競争力がある」などの声―中国ネット

28日、中国メディアの新浪が、日本メディアによる報道を引用し、インドの高速鉄道に日本の新幹線方式が採用される見込みとなったことを伝えた。このニュースに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は日本の新幹線。

Record China
2015年3月2日 4時40分
続きを読む

ランキング