「故郷に伝わる民間療法」を信じた中国人女性、救急車で搬送される!女性が2人がかりで試したその療法とは…?―中国

Record China    2015年10月24日(土) 5時47分

拡大

23日、北京晩報によると、中国四川省成都市で20日、口から大量に出血した女性が病院の救急救命室に運び込まれる騒ぎがあった。資料写真。

(1 / 2 枚)

2015年10月23日、北京晩報によると、中国四川省成都市で20日、口から大量に出血した女性が病院の救急救命室に運び込まれる騒ぎがあった。

その他の写真

医師が女性を検査したところ、出血は咽頭にある「へんとう」の損傷によるものと判明。傷の長さは約3センチあり、女性は「ここ数日、異物感があり、故郷に伝わる民間療法に従って指でほじってみた」という。「夫の手を借りながらこれを続けるうちに、強烈な痛みもなく突然吐血し、その時になってやっと欠けていることに気付いた」と救急車を呼んだ経緯を説明するが、同病院の耳鼻咽喉科の医師は「周囲にはたくさんの血管があり、傷が付けば大量出血が起こりやすい。命の危険すらある」と注意を促している。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携