嫌日感情と反比例の日本人気=数字で読む訪日中国人観光客の実態―中国メディア

配信日時:2015年10月21日(水) 6時15分
嫌日感情と反比例の日本人気=数字で読む訪日中国人観光客の実態―中国メディア
画像ID  489974
10月第1週、中国は建国記念日「国慶節」に伴う大型連休だった。近年は観光ビザの段階的解禁によって日本にも多くの中国人観光客が訪れるようになり、中国の休暇シーズンは日本にとってかき入れ時となっている。写真は中国人観光客にも人気が高いという日本の菓子類。
2015年10月第1週、中国は建国記念日「国慶節」に伴う大型連休だった。従来なら日本には関連性の薄いニュースだが、近年は観光ビザの段階的解禁によって日本にも多くの中国人観光客が訪れるようになり、中国の休暇シーズンは日本にとってかき入れ時となっている。

その他の写真

中国メディア・捜狐(SOHU)の16日付の記事によると、今年の国慶節連休中に中国のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を飛び交った投稿写真の中で、間違いなく注目度ナンバー1だったのは日本を旅する人々のレポート写真だった。報道ではこの期間に40万人が日本を訪れ、初めて旧正月の大型連休を上回る数に達した。日本でもたびたび話題に上る中国人観光客の実態を、以下に数字で見ていく。

■日中相互の観光客数と国民感情
日中相互で行き来する観光客数と、相互の国民が相手国に対して抱いている感情を、2011年と2014年で比較してみる。

中国から日本へ旅行した観光客は、2011年の163万人から2014年の241万人に増加した一方、日本から中国へ旅行した観光客は2011年の366万人から2014年の272万人に減少した。

また、「日本に好感を持っていない」とする中国人は2011年の65.9%から尖閣問題を経た2014年は86.8%に増加している。同様に「中国に好感を持っていない」とする日本人は2011年の78.3%から2014年の93.0%に増加している。いずれも好感度を下げている結果だが、こうした世論に反比例するように日本を訪れる中国人は増えているということだ。

その背景には観光ビザの緩和や円安、日本製品への根強い信頼感などがあると考えられ、民間レベルでは政治問題よりも生活感覚が勝っていると言える。

■中国人の経済力向上と海外旅行の目的
1995年から2011年までの16年間に、中国人全体の収入は年平均12.79%で成長しており、それに伴い、海外旅行での出費も年平均20.47%増加している。また、2014年に日本を訪れた外国人観光客が消費した金額は2兆278億円だが、うち27.5%にあたる5583億円は中国人による消費だ。

年々ふところに余裕の出てくる中国人たちが日本を訪れる大きな目的は、ショッピングである。彼らが日本で購入したい品目は、77.3%が「日本の菓子」、64.2%が「化粧品・香水」、53.0%が「医薬品や健康補助食品など」だ。また、1人当たりの消費で見ると、日本滞在中に購入する「カメラ・時計類」は4287元(約8万円)、「電子機器類」は2761元(約5万2000円)、「飲食代」は2224元(約4万2000円)である。(翻訳・編集/愛玉)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事