Record China

ヘッドライン:

中国が英高速鉄道計画に入札か、日本と再び競争に―中国メディア

配信日時:2015年10月15日(木) 11時21分
拡大
14日、中国の鉄道大手・中国中車が今後、英国の高速鉄道建設事業の入札に参加する見通しだ。
(1/2枚)

2015年10月14日、第一財経日報によると、中国の鉄道大手・中国中車が今後、英国の高速鉄道建設事業の入札に参加する見通しだ。同事業には日本、フランス、ドイツが入札する姿勢を示しており、インドネシアに続いて今度は英国で日中の入札競争が起きる可能性が出てきた。

その他の写真

同鉄道計画については、英国のオズボーン財務相が先月、訪問先の中国で中国企業に参加を呼びかけていた。同事業の発注規模は約118億ポンド(約2兆1658億円)の見通し。着工は17年の予定。

これに対し、中国中車の関係者は「英高速鉄道計画には注目している。しかし、事業規模が非常に大きく、長い時間もかかる」と慎重な姿勢を示した。同計画には、仏アルストム、独シーメンス、日本の日立など各国大手企業も関心を示している。

鉄道業界関係者の一人は「各国のライバルに比べ、中国の高速鉄道技術は予算が低い点が売り。運営経験も豊富だ」と話している。(翻訳・編集/大宮)

関連記事

インドネシア高速鉄道、日中受注競争の結末に中国ネットが反応、「最大の勝者はインドネシア」「中国はむしろ日本に負けた…」

2日、インドネシアがジャカルタ−バンドン間で計画している高速鉄道プロジェクトをめぐり同国のリニ国営企業相が「中国案が唯一の選択だ」と発言したことに対し、中国のネットユーザーが反応を示している。写真は中国の高速鉄道。

Record China
2015年10月3日 6時2分
続きを読む

日本のリニアが世界最速603キロを達成、英国ネットは「イギリスの鉄道は19世紀で止まってしまっている」と羨望の声

21日、英紙デイリー・メールは、JR東海がリニア実験線で有人のリニア高速走行試験を行い、世界最高速度となる時速603キロを達成したと報じた。この報道に、英国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は新幹線。

Record China
2015年4月22日 8時7分
続きを読む

ランキング