Record China

ヘッドライン:

警察官になりすまし夫婦げんかを仲裁、酒を飲み本性あらわに=男の目的は?―中国

配信日時:2015年10月19日(月) 17時10分
拡大
14日、中国で夫婦のけんかを仲裁した警察官と名乗る男が偽物だったとのニュースが伝えられ、注目を集めている。資料写真。
(1/2枚)

2015年10月14日、中国で夫婦のけんかを仲裁した警察官と名乗る男が偽物だったとのニュースが伝えられ、注目を集めている。東北網が伝えた。

その他の写真

今月11日未明、黒竜江省ハルビン市の路上で、酒を飲んだ夫婦が口論になりもみ合った。そこに警察の制服を身にまとった男が現れ、仕事帰りの警察官だと説明し夫婦の仲裁に入った。もみ合いで腰をひねった妻をその夫と一緒に家まで送り届けると、男は腹が空いたと口にした。周辺の店はすでに閉まっていたため、夫婦は自宅でご飯を作り、男は夫婦の家にあったビールを飲み出した。

さらに男はたばこが吸いたいと言い出し、夫が買いに出ている隙に妻をからかい始めた。不審を抱いた妻は夫と相談し、男が眠り込んでいる間に通報。本物の警察によると、男は警察官になりすまし飲酒運転の人から2万元(約38万円)をだまし取ったとして懲役4年半を言い渡された前科があり、今年の7月に出所したばかりだった。金欲しさに同じ手口で詐欺を働こうとしたという。(翻訳・編集/内山

関連記事

ランキング