Record China

ヘッドライン:

日本上回る15人、経済リーダーに選ばれる=アジア太平洋Top100、インドとともに躍進―中国

配信日時:2007年10月18日(木) 17時53分
拡大
雑誌『アジアマネー』はこのほど“2007年度アジア太平洋地区の経済リーダーランキングTop100”を掲載。中国・インドの躍進が目立つ。写真は5位にランクインした香港の大富豪・李嘉誠氏。
(1/3枚)

2007年10月17日、雑誌『アジアマネー』9月号は“2007年度アジア太平洋地区の経済リーダーランキングTop100”を掲載した。1位はインドのタタグループの総帥ラタン・タタ氏。2位はオーストラリアのマッコーリー銀行のアラン・モスCEO。3位は昨年から1ランクダウンして、シンガポールテマセクホールディングス執行取締役の何晶氏となった。

その他の写真

昨年1位にランクした香港最大の富豪・李嘉誠(リー・ジャーチェン)は5位にランクダウンした。香港恒基兆業の李兆基(リー・ジャオジー)主席は6位、中国石油天然ガスグループの蒋潔敏(ジャン・ジエミン)総裁は7位、国家開発銀行の陳元(チェン・ユエン)頭取は9位にランクインした。

今年のランキングでは中国、インドの躍進が目立つのが特徴。Top100の出身国別上位は、中国人15人、インド人14人、日本人13人、香港・マカオ地区11人、シンガポール8人となっている。(翻訳・編集/KT)

ランキング