Record China

ヘッドライン:

三峡ダムによる水質悪化を否定、長江の環境保護に巨額投資―重慶市長

配信日時:2007年10月16日(火) 16時16分
拡大
15日、北京市で、中国共産党第17回党大会の記者会見で、重慶市の王鴻挙市長は、三峡ダムは長江の水質を悪化させていないとコメント。写真は三峡ダム。
(1/4枚)

2007年10月15日、北京市で、中国共産党第17回党大会の記者会見が行われた。席上、重慶市の王鴻挙(ワン・ホンジュー)市長は質問に答え、三峡ダムは長江の水質を悪化させていないとコメントした。

その他の写真

近頃、三峡ダムが長江の水質を著しく悪化させているとの報道があり、注目を集めていた。王市長によると長江の水質は90%が2級、その他は3級に評価されており、汚染が進む中国においてはほぼ最高水準の水質を保っているとコメントした。また、重慶市の大気汚染についても触れ、大気状況が“優良”と判断された日数は2006年には約200日。今年は300日に達する見通しで、極めて良好だと話した。

長江の水質悪化を示すデータは発表されていないが、中国政府は環境保護のためにさまざまな対策を打ち出し、ここ数年で数百億元もの資金を投入している。1500以上の工場・鉱山を移転・操業停止させ、周辺地域に70以上の汚水処理場・ゴミ処理場を建設した。(翻訳・編集/KT)

ランキング