Record China

ヘッドライン:

5年以内に停電がなくなる!発電量は世界2位に―中国

配信日時:2007年10月18日(木) 8時43分
拡大
15日、中国電力企業連合会の王永干理事長はテレビ局の取材に対し、今後5年以内に電力不足による停電を一掃すると言明。写真は安徽省巣湖市の変電所。
(1/2枚)

2007年10月15日、中国電力企業連合会の王永干(ワン・ヨンガン)理事長は中国中央電視台(CCTV)「経済情報放送」の取材に答え、今後5年以内に電力不足による停電を一掃するとコメントした。

その他の写真

中国では、電力の需要と供給が釣り合わないため、真夏など電力消費のピーク時期には停電などの供給制限策が実施される。04年には全国26省で停電が実施され、各家庭の年間平均停電時間は9時間25分にも達していた。わずか3年後の今年は状況が一変した。大規模な電力供給制限が実施されたのはわずか1省、各家庭の年間平均停電時間も7分30秒にまで短縮された。

今夏は記録的な猛暑となり電力消費量も過去最高を記録したにも係わらず、電力供給状況は大きく好転した。その背景には積極的に進められている新規発電所の建設がある。ここ5年間で増加した発電量は、それまでの52年間に匹敵する膨大な量で、中国の発電量はすでに世界2位となった。電力業界は今後も積極的な投資を続け、5年以内には電力不足による停電を一掃する目標を掲げている。(翻訳・編集/KT)

ランキング