Record China

ヘッドライン:

中国がインドネシアの高速鉄道建設へ、手放しで喜ばない中国人、受注競争に敗れた日本人からはあきらめの声も

配信日時:2015年10月4日(日) 11時29分
拡大
インドネシア高速鉄道プロジェクトで日本が中国との受注競争に敗れたことについて、日中両国や韓国のネットユーザーから、さまざまな意見が寄せられた。イメージ写真。
(1/2枚)

2015年10月2日、日本と中国が受注を争ってきたインドネシアの高速鉄道建設プロジェクトで中国案が採用された。中国のネットユーザーからは「勝利」にもかかわらず、「喜ぶのはまだ早い」などの指摘が目立ち、日本のネットユーザーは「中国に対抗しても無理」などと、あきらめにも似た声を上げている。

その他の写真

中国メディア・捜狐は日本メディアの報道を引用し、日中が受注を争ってきたインドネシアの高速鉄道建設プロジェクトで中国案が採用されると報じた。菅義偉官房長官は中国案受け入れを表明したインドネシア大統領特使に「極めて遺憾」と述べたという。

同プロジェクトは首都ジャカルタとバンドン間の約140キロを高速鉄道で結ぶ。インドネシアは9月初旬、高速鉄道を取り止め、時速200〜250キロの中速鉄道を建設すると発表。しかし、その後、高速鉄道計画の続行が明らかとなり、財政負担などの条件から中国が有利といわれていた。

今回の受注競争について、中国のネットユーザーからは日本に勝ったことを喜ぶ声が上がる一方

「喜ぶのはまだ早い!これまで散々な目に遭ってきた」

「建設したって中国の損になるだけ。リスクは中国が負うんだし、どうして造る必要があるんだ?」

「リスクが高いなら造らない方がいい」

「時速200キロを上回れば高速鉄道と呼べるけど、たったこれだけの距離だろ。こんなに速度を出す必要はない」

「それだけの資金があるなら、インドネシアに鉄道を造るより先に国内の鉄道網を充実させてほしい」

などのコメントが相次いだ。

日本のネットユーザーからは

「こういうので中国に対抗しようとしても、まあ無理だろうな」

「そりゃ日本が価格競争で勝てるわけないだろ」

「なんで日本が損してまでそんなことやらないかんって話だもんな」

「日本は何を目的にして受注競争に参加したのかハッキリしない。車両の更新や保守まで含めたトータルの利益を追うのか、政府のメンツを賭けて輸出実績をつくりたいのか 。参加企業が少しずつ利益を出すために受注競争に参入するなら 価格で勝負にならない」

といった書き込みが集まった。

京郷新聞など複数の韓国メディアも中国受注の経緯を報じ、韓国のネットユーザーは

「もう韓国が入り込める余地はない」

「韓国は入札に参加すらしなかったの?」

「国力の勝利!世界の恐竜の勝利!」

「韓国がぐずぐずしてる間に中国は先に進んでいるね」

などと反応している。(編集/大隅)

関連記事

インドネシア高速鉄道、日中受注競争の結末に中国ネットが反応、「最大の勝者はインドネシア」「中国はむしろ日本に負けた…」

2日、インドネシアがジャカルタ−バンドン間で計画している高速鉄道プロジェクトをめぐり同国のリニ国営企業相が「中国案が唯一の選択だ」と発言したことに対し、中国のネットユーザーが反応を示している。写真は中国の高速鉄道。

Record China
2015年10月3日 6時2分
続きを読む

インドネシアの高速鉄道受注競争でなぜ中国は日本に勝てたか?中国ネットが議論=「中国は無料で作るといっている」「受注ではなく援助」

1日、中国の掲示板サイトに、「インドネシアの高速鉄道でなぜ中国は日本に勝てたのか」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国の高速鉄道。

Record China
2015年10月2日 16時51分
続きを読む

ランキング