Record China

ヘッドライン:

インドネシア高速鉄道プロジェクト、日本が中国との受注競争に敗れる=中国ネット「喜ぶのはまだ早い!」「高速鉄道って本当に必要か?」

配信日時:2015年9月29日(火) 18時1分
拡大
29日、日中が受注を争ってきたインドネシアの高速鉄道建設プロジェクトに中国案が採用されるとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。写真は中国の高速鉄道。
(1/2枚)

2015年9月29日、中国メディア・捜狐は日本メディアの報道を引用し、日中が受注を争ってきたインドネシアの高速鉄道建設プロジェクトに中国案が採用されると報じた。これに中国のネットユーザーが反応を示している。

その他の写真

インドネシア大統領特使のソフィアン国家開発企画庁長官はこの日、菅義偉官房長官と会い、中国の案を受け入れる考えを表明。菅長官はインドネシア側の方針が突然変更されたことに言及し、中国案が選ばれたことについて「極めて遺憾」と返したという。

同プロジェクトは首都ジャカルタとバンドン間の約140キロを高速鉄道で結ぶというものだが、インドネシアは今月初旬、高速鉄道を取り止め、時速200〜250キロの中速鉄道を建設すると発表。しかし、その後高速鉄道計画の続行が明らかとなり、財政負担などの条件から中国が有利といわれていた。

ようやくの決着を見せた今回の受注競争に対し、中国のネットユーザーからは日本に勝ったことを喜ぶ声が上がる一方、「喜ぶのはまだ早い!これまで散々な目に遭ってきた」「建設したって中国の損になるだけ。リスクは中国が負うんだし、どうして作る必要があるんだ?」「リスクが高いなら作らない方がいい」「時速200キロを上回れば高速鉄道と呼べるけど、たったこれだけの距離だろ。こんなに速度を出す必要はない」「それだけの資金があるなら、インドネシアに鉄道を作るより先に国内の鉄道網を充実させてほしい」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷

関連記事

韓国高速鉄道、自由席で横になって寝る迷惑行為が横行=日本人からは「日本もあまり言えない」の声も

19日、韓国・YTNテレビはこのほど、韓国の高速鉄道KTXの自由席に横になって寝る迷惑な乗客が増えている、と報道。韓国のネットユーザーはマナー違反を嘆き、日本のネットユーザーは「韓国に常識を求めては」などと反応している。写真は韓国の電車車内。

Record China
2015年9月20日 11時31分
続きを読む

ランキング