Record China

ヘッドライン:

中国人観光客が日本に行く前に知っておくべき50のこと(1/3)=「日常生活編:温泉ホテルで浴衣を着る時は要注意!」―中国ネット

配信日時:2015年9月28日(月) 9時43分
拡大
25日、中国のネット上に「日本に行く前に知っておくべき50のこと」と題する文章が掲載された。写真は温泉。
(1/2枚)

2015年9月25日、中国のネット上に「日本に行く前に知っておくべき50のこと」と題する文章が掲載された。

その他の写真

日本のテレビ番組で中国人観光客のマナー違反が報じられたことを受けたもので、筆者は「日常生活編」「旅行編」「風土と人情編」の3部構成で紹介している。以下は「日常生活編」として挙げられた項目の一部。

▽街中にはごみ箱がほとんどないため、出掛ける前に収納用の袋を用意しておくと便利。日本ではごみの分別に細かいルールがある。

▽住宅街を走る自動車はめったにクラクションを鳴らさない。あくまで歩行者優先だが、長時間にわたって自動車の走行を妨げるようなことは慎むべき。

▽地下鉄と短距離列車では飲食をすべきではない。長距離になると車内で弁当が販売されることがある。冷めているので、においが強くて他人の迷惑になるということはない。

▽レストランではそれぞれが1人分を注文し、大勢で分けるのは避けた方が望ましい。食事を作ってくれた人への敬意を示すために、食事は残さず食べるべき。

▽大きな駅にはコインロッカーがあるので、大きなスーツケースを持っている旅行客はこれを利用した方がいい。混雑した車両に持ち込むと他人の迷惑になる。

▽タクシーの料金は高いが、サービスは優良。運転手が客の代わりにドアの開け閉めをするのもサービスの一部だ。

▽旅館では通常、靴を脱いで部屋に上がる。靴先は外に向けて並べること。温泉ホテルなら浴衣で館内を歩いてもよいが、街へ出てはいけない。

▽歩きながらの喫煙は不可。レストランや駅、路上などに設置してある喫煙スペースを利用すること。

▽衣料品店などの試着室はとても清潔。利用時は靴を脱ぎ、女性の場合は化粧が試着する服に付かないように設置されているフェイスカバーをかぶること。(続く)(翻訳・編集/野谷

関連記事

韓国で外国人観光客狙った“ぼったくりタクシー”摘発、最大10倍の料金を請求=「国の恥さらし」「料金表掲示を」と憤る韓国ネットユーザー

23日、韓国のテレビ局TYNによると、外国人観光客にぼったくり料金を請求した個人タクシー運転手が大量に検挙された。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はソウル。

Record China
2015年9月25日 1時36分
続きを読む

反日をはねのけた日本、日中関係悪化も中国人には日本が最高=韓国ネット「日本国民を嫌う理由はない」「韓国人も反日を叫びながら…」

17日、韓国メディアによると、日本と中国の関係は悪化の一途をたどっているが、中国人観光客は日本を最高の旅行地として選んでいる。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は銀座の中国人観光客。

Record China
2015年9月22日 11時18分
続きを読む

ランキング