Record China

ヘッドライン:

安倍首相は祖父の遺志を誤解?=岸信介は「海外派兵は憲法違反」と認識か―台湾メディア

配信日時:2015年9月23日(水) 16時33分
拡大
20日、台湾・東森ニュースは、安倍首相が就任以来の宿願を果たし、強烈な反対の声を押し切って安保法案を通過させたと伝え、祖父である岸信介の遺志は継いだものの「祖父のタブーを犯した」と報じた。写真は自民党のポスター。
(1/2枚)

2015年9月20日、台湾・東森ニュースは、安倍首相が就任以来の宿願を果たし、強烈な反対の声を押し切って安保法案を通過させたと伝え、祖父である岸信介の遺志は継いだものの「祖父のタブーを犯した」と報じた。

その他の写真

安倍首相の友人によると、安倍首相がこれほどまでに安保法案にこだわったのは岸信介の影響だという。安倍首相は今年7月に東京で行った講演で、祖父の岸信介が、安保条約は50年後に理解してもらえると言い、本当に20〜30年後には大多数の支持を得ることができたと語った。

岸信介は1960年、退陣と引き替えに改訂安保条約の採決を強行した。だが、岸信介の下で働いていた藤井裕久氏によると、岸氏はかつて「日米保安条約は集団的自衛権の解禁だとみなされているが、そうではない。憲法は海外への派兵を禁じている」と語っていたという。日本のメディアは、藤井氏の発言が本当なら、安倍首相は「岸信介の遺志」を大きく誤解しており、岸氏の堅持した「憲法第9条」のタブーを犯していると報じた。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

「天皇の免責が日本に右翼化をもたらした」中国国営出版社が抗日戦争史を出版=韓国ネット「全ての責任は米国に」「日本右翼化の一番の被害者は韓国」

8日、韓国メディアによると、中国で「天皇に戦争の責任を追及しなかったことが、現在の日本の右翼化につながった」との内容が記された本が出版されたことが、韓国でも話題となっている。資料写真。

Record China
2015年7月9日 10時25分
続きを読む

安倍首相の本当の姿は?=「良い家系の生まれなんだな」「日本と安倍の心を分かっていないのは植民地コンプレックスにとらわれた韓国」―韓国ネット

27日、韓国・東亜日報は、安倍首相は韓国で「極右」「歴史修正主義者」の印象があるが、日本メディアは首相が韓国に好感を持っていると報じていると伝えた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真は安倍首相のポスター。

Record China
2015年6月29日 13時2分
続きを読む

安倍首相が祖父・岸元首相を墓参り、中国紙は「満州の妖怪、A級戦犯、中国敵視の先駆け」とこき下ろし

12日、安倍晋三首相が祖父・岸信介元首相の墓参りを行ったことについて、中国メディア・環球時報(電子版)は、岸元首相を「満州の妖怪、A級戦犯、中国敵視の先駆け」などとこき下ろした。写真は中国人民抗日戦争記念館。

Record China
2014年8月12日 18時4分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング