早くもニセiPhone 6sが登場!新色ローズゴールドにも対応、驚愕のそっくり度―中国

Record China    2015年9月20日(日) 20時0分

拡大

19日、RFI中国語版は記事「来週販売開始のiPhone 6s、深センでは早くもパクリ版の販売開始、お値段は600元」を掲載した。デザインも色も本物そっくり。新色ローズゴールドまで登場している。写真はiPhone 6s。

(1 / 3 枚)

2015年9月19日、RFI中国語版は記事「来週販売開始のiPhone 6s、深センでは早くもパクリ版の販売開始、お値段は600元」を掲載した。

その他の写真

米アップル社の新型スマートフォン、iPhone 6s/6s Plusは25日に販売が開始される。ところが中国最大の電脳街、広東省深セン市の華強北路では早くもニセモノが登場しているという。

香港紙アップルデイリーの報道によると、iPhone 6sのニセモノが600元(約1万1300円)、6s Plusが1100元(約2万700円)。デザインも色も本物そっくり。新色ローズゴールドまで登場している。OSはアンドロイドを改造してiOS風のデザインに変えている。また充電端子もアップル純正のライトニングだという。

ちなみに最大の売りはニセiPhoneとして初めて指紋読み取り機能を搭載したこと。ただし試してみると、別の人の指を押し当てるだけでもロック解除が可能だった。それどころか、ガムテープごしに指を押し当ててもロックが解除できた。セキュリティとしての役割はまったくなく、自慢するだけの機能のようだ。(翻訳・編集/増田聡太郎

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携