大好物“羊肉の串焼き”はネズミの肉?!頻繁に食べた女性に紫色の斑点、けがの出血も止まらず―中国紙

配信日時:2015年9月19日(土) 21時0分
大好物“羊肉の串焼き”はネズミの肉?!頻繁に食べた女性に紫色の斑点、けがの出血も止まらず―中国紙
画像ID  485769
15日、中国江蘇省常州市の女性に、ネズミの肉を食べたと思われる症状が出ていたことが分かった。写真は羊肉の串焼き。
2015年9月15日、現代快報によると、中国江蘇省常州市の女性に、ネズミの肉を食べたと思われる症状が出ていたことが分かった。

その他の写真

この女性は羊肉の串焼きが大好物で、2、3日に1度は屋台で買って食べていた。しかし、5年前に、けがによる出血がなかなか止まらなかったり、歯磨きで歯茎から大量に出血することに気付き、最近はこれがさらに悪化。血尿も出始めたため病院で検査を受けたところ、歯茎から出血する時に全身に紫色の斑点が現れることが確認された。

このほか、重度の貧血や血液凝固障害も見られ、女性から「屋台の羊肉の串焼きを頻繁に食べる」と聞かされたことから、医師は串焼きが原因ではないかと推測。医師によると、屋台の中にはコストを削減するために羊肉と偽ってネズミの肉を使っている業者がおり、処分されるネズミの多くに血液凝固機能を抑制する成分を持つ薬が使われているという。大量の薬が残留したネズミ肉を頻繁に食べると体内に毒素がたまり、血液凝固障害が出る恐れがある。

また、同紙は「別の肉が使われていても、大量のスパイスを使ったりすることで食感から判断することは難しい」と話す屋台店主のコメントを紹介している。(翻訳・編集/野谷
最新ニュースはこちら

SNS話題記事