【募集中】韓国語社内スタッフ

日中韓協力事務局就任の楊厚蘭氏、今秋再開の日中韓首脳会談に期待「歴史を直視しつつ新たな未来を」―韓国メディア

配信日時:2015年9月14日(月) 20時16分
日中韓協力事務局就任の楊厚蘭氏、今秋再開の日中韓首脳会談に期待「歴史を直視しつつ新たな未来を」―韓国メディア
画像ID  485399
13日、「日中韓三国協力事務局(TCS)」の事務局長に9月1日付で就任した中国の楊厚蘭氏は、今秋予定されている3カ国首脳会談について「日中韓協力の新たな道を切り開き、新たなステップへと進ませるだろう」とコメントした。写真はソウル。
2015年9月13日、韓国・聯合ニュースによると、「日中韓三国協力事務局(TCS)」の事務局長に9月1日付で就任した中国の楊厚蘭(ヤン・ホウラン)氏はメディアのインタビューに対し、今秋予定されている3カ国首脳会談は「日中韓協力の新たな道を切り開き、新たなステップへと進ませるだろう」とコメントした。澎湃新聞網が伝えた。

その他の写真

楊氏は取材に対し、「三カ国は歴史と領土問題による挑戦に向き合っている。信頼構築のため、どう努力していくかが大切だ。とりわけ政治的信頼がきわめて重要だ」と述べ、現在は日中韓が正しい軌道に向かっており、首脳会談の開催に期待しているとコメントした。

歴史問題について、楊氏は「中国と韓国は同じ挑戦に直面している。この問題では日本がより多くの役割を果たす必要がある」と指摘し、「我々は歴史を直視しつつ、新たな未来を開かなければならない。良好な3カ国関係は2カ国の協力を後押しし、良好な2カ国関係は3カ国の協力を促す」と強調した。

日中韓三国協力事務局は2011年9月に発足した組織で、本部はソウルに置かれている。13年9月から事務局長を務めていた岩谷滋雄氏の後任として、楊厚蘭氏が事務局長に就任した。事務局長の任期は2年で、日中韓の外交官が持ち回りで務めている。(翻訳・編集/岡本悠馬)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事