Record China

ヘッドライン:

日本製品・日本食品の中国での「驚き」の人気度が発覚=ネットでは賛否も

配信日時:2015年9月13日(日) 7時20分
拡大
12日、中国人に対して行われた日本製品に関する調査結果に、注目が集まっている。写真は寿司。
(1/2枚)

2015年9月12日、中国人に対して行われた日本製品に関する調査結果に、注目が集まっている。

その他の写真

日本貿易振興機構(ジェトロ)が7月に中国の都市部で生活する1200人の男女を対象に行った調査を、参考消息が伝えた。「よく購入する輸入食品の原産国は」という問いに「日本」と回答した人は、昨年12月の前回調査の42.2%から53.5%に上昇し、米国を抜いて首位となった。「よく利用するレストラン」では「日本料理店」が36.4%で、外国料理店の中では「韓国料理店」(33.3%)を抜いて1位となった。日本の食品には「健康」「安全」といったイメージが強く、中産階級と富裕層に人気となっている。「購入したいと思う各国の製品とサービス」でも、日本の「デジタルカメラ」や「漫画とアニメ」の人気が高かった。

これを受け、中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。日本食に関しては、「日本料理はおいしいよ」「見た目はきれいなんだけど、食べるとそうでもない」「日本料理も韓国料理もまず過ぎ」「日本は世界的に有名な美食の国だし、多くの中国人も世界の人と同じように感じてると思う」「正直、おれは苦手。やっぱり中国料理の方がおいしい。年だからか」「国内の日本料理はだめ。鮮度や甘みが本家の半分くらいだから」と、賛否が分かれた。中には味はともかく「健康的で安全だから好き」という意見も。

一方、日本製品については、「日本製品は使い勝手がいいからな」「日本製品はやっぱりいい。国産が追い付いたなんていうのは嘘っぱち。うちの家電は冷蔵庫以外みんな日本製だ」といった肯定的なコメントが多く寄せられている。(翻訳・編集/北田

関連記事

中国人消費者の日本製品イメージ改善、尖閣問題に伴う買い控え傾向は後退=中国ネット「中国人は叩かれたことをすぐ忘れる」

10日、日本貿易振興機構がまとめた中国人消費者に対する調査で、日本製品のイメージが大きく改善したことが分かった。この話題について、中国のネット上にはさまざまなコメントが書き込まれている。写真は12年、中国の反日デモ。

Record China
2015年9月11日 6時16分
続きを読む

「抗日戦争勝利の日は日本をボイコットせよ」=中国企業の通知にネットは「もはや病的」と批判一色

2日、中国では3日に抗日戦争勝利70周年の記念式典が行われ、中国のネットでも関連の書き込みが多く見られ、2日には従業員に対し日本関連の店に行かないよう求める企業の通知が掲載され話題となっている。写真は中国の日本製品不買運動。

Record China
2015年9月2日 14時49分
続きを読む

ランキング