Record China

ヘッドライン:

サッカーW杯予選で香港サポーターが中国国歌に再びブーイング=無観客試合など制裁も―中国メディア

配信日時:2015年9月9日(水) 17時25分
拡大
8日、香港で行われたサッカーワールドカップ(W杯)アジア2次予選C組、香港対カタールの試合で、香港の一部サポーターが中国国歌にブーイングを浴びせる騒ぎが再び起きた。写真は香港。
(1/2枚)

2015年9月9日、中国・環球網によると、8日に香港で行われたサッカーワールドカップ(W杯)アジア2次予選C組、香港対カタールの試合で、香港の一部サポーターが中国国歌にブーイングを浴びせる騒ぎが再び起きた。

その他の写真

香港では今年6月のW杯予選2試合でも、一部サポーターが中国国歌に激しいブーイングを浴びせる騒ぎが起きていた。国際サッカー連盟(FIFA)は香港サッカー協会に対し、事件に関心を払い、再発防止を求めるレターを送付。再発した場合、「無観客試合や罰金、試合の没収、W杯のポイント減点などを余儀なくされる」と警告していた。

7月11日付の英BBCは「香港サポーターは11月の中国とのホームゲームでスタジアム観戦禁止という処罰を受ける可能性もある」と報じている。(翻訳・編集/柳川)

関連記事

<サッカー>香港市民が中国国歌にブーイング、FIFAが香港サッカー協会に警告―中国メディア

11日、環球網は記事「FIFAが一部サポーターの国歌に対するブーイングに警告、今後も続けば試合禁止などの厳罰処分も」を掲載した。香港市民の反中感情が高まるなか、国歌へのブーイングが問題となっている。写真は香港、中国国旗掲揚。

Record China
2015年7月13日 5時30分
続きを読む

「冠婚葬祭で歌うな」「途中でやめてはならない」中国で国歌斉唱に新規定―中国メディア

12日、BBC中国語版は記事「中国政府、私的パーティーや冠婚葬祭での国歌演奏を禁止」を掲載した。国歌の演奏、歌唱は外交イベントやスポーツ国際大会など公的なイベントにのみ限定され、商業イベントや個人的な冠婚葬祭での使用は禁止される。写真は中国国歌。

Record China
2014年12月15日 14時19分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング