Record China

ヘッドライン:

5億6600万円を使い、抗日戦争文化遺産を修復―北京市

配信日時:2015年9月9日(水) 16時12分
拡大
8日、北京市文物局によると、北京市は今年3000万元(約5億6600万円)を使い、抗日戦争文化遺産の修復と環境整備を行う予定だ。写真は盧溝橋近隣の旧日本軍のトーチカ。
(1/2枚)

2015年9月8日、北京市文物局によると、北京市は今年3000万元(約5億6600万円)を使い、抗日戦争文化遺産の修復と環境整備を行う予定だ。また、北京・天津・河北省が共同で、互いに隣接する長城沿線の抗戦遺跡を保護するという。チャイナネットが伝えた。

その他の写真

北京市文物局の舒小峰局長によると、2014年に北京各区県の文物部門が行った調査の結果から、北京に各種の抗戦文化遺産が162か所あることが分かった。市文物局と市民政局などの部門は共同で、60か所余りの抗戦文化遺産の修復と環境整備を完了させ、抗戦文化遺産保護状況は明らかに改善した。今年に入って、各区県で文化遺産の調査研究が進み、旧日本軍航空機の掩体(えんたい)やトーチカなどの抗戦文化遺産が20か所余り見つかった。

修復・保護にあたり、北京市文物部門は抗戦文化遺産の完全性の保証を重視していることから、完全な形で人々の前に姿を現すことが多い。戦争遺跡の細部を全面的に保存し、修復時には弾丸の穴やトーチカなどの痕跡を全て残している。文化遺産の持続可能性を高めるため、全ての抗戦遺跡は永久に修復できる手配をしている。修復や保護を通じた抗戦文化遺産は、できる限り社会に開放していく。(提供/人民網日本語版・翻訳/SC・編集/武藤)

関連記事

中国の都市が犯した10の罪=「奇抜なランドマーク」「クローン都市乱立」など―中国メディア

30日、急激な発展を遂げた中国の都市部では近年、そのひずみで生まれたさまざまな負の現象がみられる。中国の総合誌・新週刊は都市部における10の負の遺産を列挙した。写真は江蘇省蘇州市のランドマーク建築「東方の門」。市民からは「股ひき」とやゆされている。

Record China
2015年9月4日 16時7分
続きを読む

日本の降伏文書の原本、20年ぶりに一般公開=「世界遺産に登録したらどうだ?」「自らの恥ずかしい部分をさらした目的は…」―韓国ネット

1日、韓国・ニューシスによると、日本政府は1945年9月2日に連合国と日本が米国戦艦ミズーリ号の上で締結した第2次世界大戦の降伏文書原本を公開した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

Record China
2015年9月3日 6時33分
続きを読む

長崎の平和資料館に「強制労働」を伝えるガイドブックが登場=韓国ネット「日本は先進国だ!」「謝罪すれば日本のイメージアップになるのに…」

24日、韓国メディアによると、韓国広報専門家の徐敬徳誠信女子大教授が、ネットを通じて集めた寄付金で作成したガイドブックを長崎県の平和資料館に寄贈した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は軍艦島。

Record China
2015年8月25日 6時28分
続きを読む

韓国の日本強制動員調査会が解散危機!遺族らが常設化求める=韓国ネット「韓国政府は親日派だらけだから無理」「日本政府は韓国市民を恐れている」

26日、韓国政府の調査機関である「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者ら支援委員会」が今年12月に存続期間の満了を迎えることを受け、強制動員被害者の遺族らが同委員会の常設化を求める活動を展開している。写真は韓国大統領府。

Record China
2015年7月27日 13時20分
続きを読む

ランキング