韓国軍「ワイルドキャット」、性能不足で導入の危機=「国防関連の問題には終わりがない」「こんな状態で日本に勝とうなどとは…」―韓国ネット

配信日時:2015年9月10日(木) 6時57分
韓国軍「ワイルドキャット」、性能不足で導入の危機=「国防関連の問題には終わりがない」「こんな状態で日本に勝とうなどとは…」―韓国ネット
画像ID  484862
9日、韓国・ノーカットニュースによると、海軍の海上作戦ヘリコプター「ワイルドキャット」の性能自体が契約上の要求条件を満たしていなかったことが分かった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。
2015年9月9日、韓国・ノーカットニュースによると、海軍の海上作戦ヘリコプター「ワイルドキャット」(AW159)導入事業に関連する不正で、前・現職の海軍将校など8人が拘束起訴された中、今度はワイルドキャットの性能自体が契約上の要求条件を満たしていなかったことが分かった。

その他の写真

5890億ウォン(約589億円)が投入される海上作戦ヘリ導入事業が危機に直面している。韓国防衛事業庁は、「性能が改善されない場合、製品を受け取ることができない」と数回にわたってメーカーに性能改善を要求したが、メーカー側は「問題ない」と回答するばかりだ。

国会国防委員会所属のセヌリ党・鄭美京(チョン・ミギョン)議員が防衛事業庁から提出を受けた国政監査資料によると、海上作戦ヘリコプター機種に選定された英国アグスタウェストランド(AW)社のワイルドキャットに装着された浸漬ソナーとリーリング装置が、契約の仕様に対し性能が落ちることが分かった。浸漬ソナーは水中で敵潜水艦を探知する対潜作戦の中核機器であり、リーリング装置は浸漬ソナーを水中300メートルまで下ろし、再浮上させる役割をする装置だ。防衛事業庁とAW社はリーリング装置の浮上最大速度は秒速6メートル、下降は秒速5メートルで契約したが、実際のワイルドキャットに装着されたリーリング装置の速度はそれぞれ秒速2.45メートル、 4.75メートルだった。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「性能を満たしていないのに、売り手側が改善要求を拒否するとはどういうことだ」
「『お金を出せば何でもできる韓国』として、世界中に噂が広まっているのだ。そんな不正天国・韓国が世界に出ても見下されるだけ」
「まったく、国防関連の問題は終わりがないな」

「国防不正は、国民の生命に直結する。納入担当者は重罰に処さねばならない」
「防衛産業に関する不正や怠慢は、国家転覆罪と変わらない」
北朝鮮から入ってくるスパイよりも防衛事業庁のこのような事業の方がよっぽど問題だ」

「こんな状態で『日本に勝とう』などというのは、腐敗した政治家が国民を扇動する言葉に過ぎない」
「そもそもワイルドキャット程度のサイズのヘリでは出せないリーリング速度を要求して争っている。もっと大きなサイズのヘリを選べば、軍が必要としている滞空時間とリーリングに伴う離陸浮揚力も出てくる」(翻訳・編集/三田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事