2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国の軍事パレード、朴大統領の席次に韓国ネットは大満足=「序列2位か、やった!」「金正恩と安倍首相は嫌がるはず」

配信日時:2015年9月3日(木) 16時45分
中国の軍事パレード、朴大統領の席次に韓国ネットは大満足=「序列2位か、やった!」「金正恩と安倍首相は嫌がるはず」
画像ID  484121
3日、中国・北京の天安門広場で抗日戦争勝利70周年を記念する式典が催され、韓国の朴槿恵大統領が出席、韓国メディアは行事での朴大統領の「席次」を詳しく報じた。
2015年9月3日、中国・北京の天安門広場で抗日戦争勝利70周年を記念する式典が催され、韓国朴槿恵(パク・クネ)大統領が他の出席者らと共に天安門城楼に上り、軍事パレードを参観した。韓国・聯合ニュースなど各社が伝えた。

その他の写真

多くの韓国メディアが注目したのは、朴大統領の立ち位置。聯合ニュースは、行事の場面ごとに朴大統領の位置が中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席に対してどう変わったかを詳しく解説した。それによると、式典前、会場に向かう際は習主席の左に、団体での記念撮影では習主席夫人の彭麗媛(ポン・リーユエン)氏を挟んで主席の左側に、城楼に上る際には習主席のすぐ隣に、そして肝心のパレードの観覧席は、習主席の右にロシアのプーチン大統領、その右に朴大統領となった。

一方、北朝鮮代表として出席した崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党書記の席は前列の端、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は習主席の右から5番目だった。

こうした席配置について、韓国大統領府の関係者は「(中国側の)大きな配慮であり、韓国の地位が変化したことを示すもの」と評価、韓国のネットユーザーからも感激の声が寄せられている。

「プーチンの横なら体面が保てる」
「招待国のうち序列2位か。やった!」
「実に見事だ。さすがにプーチンを差し置いて(習主席の)すぐ横には立てないからね」
「朴槿恵大統領、応援します」

「(北朝鮮の)崔竜海は一番末席(笑)。行かない方が良かったんじゃない?」
金正恩(キム・ジョンウン)が激怒しそう」
「テレビでパレードを見ながら、時代が変わったことを痛感してるよ。北朝鮮は目を覚ませ!」

「誇らしい。実益を求める外交がうまく行っているね」
「この記事は金正恩と安倍(首相)が嫌がるはず」
「習近平、プーチンと肩を並べるとは、素晴らしい」
「プーチン大統領の横に朴大統領、そして潘基文事務総長も。韓国の格が上がったことを実感する。安倍や正恩は見ているか?」(翻訳・編集/和氣)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事