「もし予約客が来なかったら…?」日本の旅館のシステムに訪日中国人が驚き!=中国ネット「スゴイ!」「中国人に欠けている美徳だ」

配信日時:2015年9月2日(水) 5時14分
「もし予約客が来なかったら…?」日本の旅館のシステムに訪日中国人が驚き!=中国ネット「スゴイ!」「中国人に欠けている美徳だ」
画像ID  483795
31日、中国版ツイッター・微博で、ある書き込みが注目を集めた。資料写真。
2015年8月31日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、訪日中国人に関するある書き込みが注目を集めた。

その他の写真

書き込みの主は、香港の衛星テレビ・鳳凰衛視の東京首席記者を務める李ミャオ(リ・ミャオ)氏で、日本を訪れた知人の中国人の話を紹介している。書き込みによると、中国の友人の代わりに、日本の地方にある温泉旅館を予約した李氏。友人の女性がその宿に到着すると、宿泊客は彼女1人だけだった。旅館のおばあさんは彼女1人のために魚や肉を焼いてくれるなど、豊富な夕食を用意してくれたという。友人の女性から「予約の時、クレジットカードで保証金(デポジット)を払ってくれたの?」と尋ねられると、李氏は日本の旅館では保証金は必要なく、名前と電話番号を伝えるだけでいいと伝えた。すると友人は非常に驚き、「もしお客さんが来なかったら、食事の準備が無駄になっちゃうんじゃない?」と言ったそうだ。李氏は「日本には純粋な人が多い」としている。

この書き込みに、ネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「スゴイ!」
「温かいなあ」
「純粋で美しい国だ」

「イギリスに住んで長いけど、日本はイギリスより良いところみたいだ」
「うらやましがるだけじゃダメ。自分の国をもっと良くしないと」
「行かないなら、事前に必ずキャンセルを」

「日本人は信用を大事にするんだな」
「これは人と人の信用の問題。信用があるからできることだ」
「同じことが中国の田舎で起きたら、コメントは『田舎者は本当に馬鹿だな』」

「日本で驚くことはほかにもある。国内線ではパスポートは必要ないこと、レンタサイクルは保証金も身分証の提示も必要ないこと」
「確かに善良な日本人は多いよ。1994年に友達と新潟にスキーに行ったとき、もうシーズンも終わるころでどこに行っても私たち2人だけだったけど、夕食や温泉もきちんと準備してくれた」
「これが誠実さと信用。現代の中国人に欠けている美徳だ。日本人の愚かなまでのそれは、時に人々を感動させる。私たちの合理的な思考は、こうした非合理的な美しさを破壊しているんだ」(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事