Record China

ヘッドライン:

日本は謝罪も経済支援もした!中国のくどい“お詫び要求”に根拠などない―仏メディア

配信日時:2015年8月26日(水) 19時14分
拡大
1/2枚
2015年8月17日、仏国際ラジオ放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)中国語版は中国外交部が安倍晋三首相の戦後70年談話に満足しなかった点に言及し、「中国が歴史問題で日本に毎年のように謝罪を迫るのは根拠のないことだ」とする記事を掲載した。

その他の写真

同記事は中国の作家らの文章を引用し、中国の寛大さに感謝を示した安倍談話を「中国への尊重」と評価。過去の戦争を反省し、永遠の不戦を誓った日本に比べ、日本による侵略、植民地化をくどくどと訴える中韓はあまりにも遅れていると指摘する。さらに、田中角栄元首相が初めて毛沢東国家主席(当時)に会った際、頭を下げたことに触れ、「日本が中国に謝罪していないなどということはない」「反省や謝罪だけでなく、罪を償うための賠償もしている」と巨額の対中支援や対中投資を例に挙げた。

さらに、「平和主義を掲げる日本が軍事拡張路線を進む中国に服従するはずがなく、民主主義の日本が権威主義の中国に屈することはない。国際主義の日本が民族主義の中国の配下となることもない」と述べ、現実的な中国人は日本人とむやみに張り合おうとすべきではないと指摘した。

このほか、「人類にとって戦争は日常茶飯事で、侵略者と被侵略者の違いは、どちらが勝ったかで判断される」「領土割譲や賠償、戦勝国による一定期間の占領、戦争裁判などが終われば、敗戦国の謝罪や清算も終わりを告げられる」との意見を紹介し、償いを終えた敗戦国にいつまでも戦争問題を訴え続けることに疑問を呈した。

その上で、日本の首相が替わるたびに中国が謝罪を求めている点を挙げ、同じ敗戦国であるドイツやイタリアでは見られない事態だと指摘。また、「日本人と中国人では謝罪の捉え方が違う」と説明し、「中国人にとっての謝罪は負けや失敗を意味するがゆえに中国人は謝罪問題に対して強い姿勢に出る」との見方を紹介した。そして最後に「安倍談話に盛り込まれた“謝罪”というキーワードは、表面上は中国の勝ちのように思われがちだが、国際世論を考えれば本当の勝者は安倍首相だ」とまとめた。(翻訳・編集/野谷

関連記事

日中知識人が「安倍談話」を議論=「安倍首相個人にとっては前進だが、国としては後退。それでも…」―中国メディア

20日、河北省張家口市で東アジア情勢に関する会議が開かれ、日中知識人が安倍談話について議論。「謝罪が不十分」と厳しい意見が聞かれたが、「それでも日中関係の大局に影響を与えることはない」との見方で一致している。

Record China
2015年8月21日 11時38分
続きを読む

外務省HPから「おわび」記した歴史問題ページ削除=韓国ネット「歴史は消してもなくならない」「朴大統領の反応を見て…」

17日、外務省が、日本の植民地支配や侵略について説明した公式ホームページの記載を削除していたことが分かった。「一時的な措置」としているが、韓国のネットユーザーからは反発の声が上がっている。写真は外務省。

Record China
2015年8月18日 23時31分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング